アムロ シャア。 よみがえれ!ガンダム名言・名セリフ集!

シャア アムロ

本記事は「」から提供を受けております。

1
サイド7からスレンダーが一人報告に戻ってきてからの一言。 それとも私達なのですか。
シャア アムロ

ラルの駆るを退けたものの、その口から「勝てたのは腕ではなくモビルスーツの性能のおかげだ」と指摘され、当初は「負け惜しみを」と意に介さなかったが、次第に正しさを認めたことで、初めて「あの人に勝ちたい」と、パイロットとして「生き残る」以外の意味を見出した。

4
若き彗星の肖像』の他にの漫画『機動戦士ガンダム0084 Psi-Trailing』(発行の雑誌『MS SAGA』2号に収録)でも描かれているが、こちらは公式設定とは矛盾がある。
シャア アムロ

それにも関わらず、まだ地球にいる人類を信じているアムロに対して「ならば、今すぐ愚民どもすべてに英知を授けてみせろ!」と返してしまう気持ちも分からなくはないですよね。

5
演者を務めた古谷徹も他にお手本が存在しなかったことから、役作りに非常に苦労したと述懐しているが、それまで当たり役であったのような熱血漢的な演技を要求され続けることに悩んでいた古谷は、アムロを演じたことで演技の幅を広げ、結果的に役者として大きく成長できたとも語っている。
シャア アムロ

に乗り換えてからは超長距離から最大出力による一射で艦隊が援護に来たと敵部隊に錯覚させる、正確かつ高速な速射、サイコフレームにより向上した機体追従性を存分に活かした格闘戦と手足のように動かすフィン・ファンネルでネオ・ジオンを相手に単騎で切り込み、シャアの計画を打ち砕いた。

8
それ以降もアムロのニュータイプ能力は拡大し続け、ソロモン攻略戦など、幾多の戦闘で大きな戦果を挙げる。
シャア アムロ

ガルマの初登場初セリフ。

7
生誕から幼少時代 [ ] 生誕 宇宙世紀0059年11月17日、創始者、と(『THE ORIGIN』ではアストライア・トア・ダイクン)の子キャスバル・レム・ダイクンとして生まれる。 シャア初登場。
シャア アムロ

そこで、生死不明となっていたフォウと再会したカミーユは、記憶の調整を受けて苦しむ彼女を救おうとするのだが、彼女はカミーユへの攻撃の盾となり息を引き取った。 ララァとの出会いと別れ 上記の通り、彼の成長の影にはやリュウ等のホワイトベース乗組員や、憧れの人となるマチルダ等の魅力的な大人との出会いがある。

6
番組公式サイト:. - 影のナレーションとして登場したことがある。 (アムロ・レイの項から) 「シャア・アズナブルのアクシズ落としを阻止し、 その戦いの中でシャア・アズナブルのMSN-04サザビーを撃破、 終生のライバルとともに行方不明となった。
シャア アムロ

MS-09RS (シャア専用リック・ドム、小説版に登場)• MSN-00100R• 第2話 シャア シャア 当たらなければどうという事はない。 だが、ハマーンが彼女を「ザビ家の統治がスペースノイドひいては人類のため」として傀儡君主に育てたことへの怒りが、ハマーンとの決別に繋がる。

17
第2話 シャア シャア 見せて貰おうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを・・・。
シャア アムロ

いきなりツワモノオーラ炸裂な大人なセリフだ。 アウドムラは連邦首都ダカールで行われている議会を占拠し、ティターンズの軍閥政治を許してはならぬと、ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるシャアが、その素性を明かして演説を行うこととなった。

シャアの 「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ。 若き彗星の肖像』にて詳しく描かれているが、いずれも解釈は異なる。