Iphone 初期 設定。 iPhoneの初期設定方法!SIMカードを入れてアクティベーションする!

設定 iphone 初期

今回紹介した中から実行できる方法を選んで、バックアップを作成しておくようにしましょう。

1
SIM取り出しツールかペーパークリップをトレイの下の穴に差し込んで、SIMトレイを引き出す。
設定 iphone 初期

言語・国または地域・キーボードという順番で表示されます。

2
転送したいバックアップデータやデバイスがない場合は、「新しい [デバイス] として設定」を選択して次に進みます。
設定 iphone 初期

Face IDを設定 顔をカメラの枠内に入れて、円の中で頭を動かしながら顔のすべての角度が表示されるようにします。

9
次にデータを保護するためiPhoneのパスコードを作成します。
設定 iphone 初期

疑似ホームボタンを設置できる「Assistive Touch」 画像引用元: iPhone XRをはじめとするiPhone Xシリーズ以降、iPhoneからホームボタンがなくなりました。 「コントロールセンター」の「コントロールをカスタマイズ」から「アクセシビリティのショートカット」を追加• このとき、間違った方法で移行しようとするとデータが消えてしまうこともあるため、正しい移行方法をしっかり確認しておきましょう。 バックアップ欄にある「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックをする• その他サービスを設定する 案内に従ってSiriをはじめとするいくつかのサービスや機能の設定を行います。

5
Part 1のStep 8の画面で「iCloudバックアップから復元」を選択してください。
設定 iphone 初期

規格の違うSIMカードを強引にはめ込まない SIMカードのサイズには、「標準SIM」・「マイクロSIM」・「ナノSIM」の3種類があります。 ガイドに従って、登録する指の角度を動かしたり、顔の向きを変えたりしましょう。 古いiPhoneで「設定」を開く• パスワードが必要な場合、パスワードを入力する• もし利用できるWi-Fiネットワークを持っているのであれば、そのネットワークを選択し、与えられているパスワードを入力して「接続」をタップすればWi-Fiで通信可能になります。

Androidスマホの操作に戻り、iPhoneの画面上に表示されているコードをソフトウェアキーボードを使って入力する• That includes switching to it. 設定アプリを起動• 新しいiPhoneをUSBケーブルでバックアップを作成したパソコンと接続する• 設定方法を選ぶ 「クイックスタート」の画面が表示されたら、クイックスタート機能を使って自動で設定するか手動で設定するかを選択します。 Googleドライブを使ったデータの移行方法は次の通りです。
設定 iphone 初期

初期設定をしようとしても「アクティベートできません」と表示される場合は、一度Appleの「システム状況」のページを確認してみましょう。 Face ID・Touch IDは後からでも設定できますが、プライバシー保護のため絶対必要なので初期設定の段階で設定しておきましょう。 古いiPhoneをUSBケーブルを使ってパソコンに接続し、iTunesを起動する• その後、アクティベーションが完了するまで待ちます。

16
「ダークモード」で目を労ろう 夜中に通知がありiPhoneの画面を開いたら、 あまりの眩しさに目が痛くなった…こんなことにならないための機能が「ダークモード」です。
設定 iphone 初期

初期設定で設定した項目は後から変更することができるので、わかりにくいところはスキップしておいて後日再設定することができます。 iPhone機種変更時メール設定はメールアドレスの種類ごとに異なります。

13
自動アップデートを有効にする 次のいくつかの画面で、App のデベロッパと情報を共有するかどうかや、iOSを自動アップデートするかどうかを設定します。 Step 5. セキュリティ質問を入力 Siri・iCloudキーチェーンなどの設定を行う 利用規約に同意したら各種設定に移ります。