リンデロン。 リンデロンによる副作用

リンデロン

多発性筋炎• 11). その他:(頻度不明)発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子数増減及び精子運動性増減、創傷治癒障害、皮膚菲薄化・皮膚脆弱化・結合組織菲薄化・結合組織脆弱化、しゃっくり。

進行性壊疽性鼻炎• 5.潰瘍<ベーチェット病は除く>、第2度深在性以上の熱傷・第2度深在性以上の凍傷[皮膚の再生が抑制され、治癒が遅延する恐れがある]。 新生児 低出生体重児を含む• (4). 結核性疾患の患者:免疫機能抑制作用により、症状が増悪することがある〔11. 直達鏡使用後• 塗る場所によって使い分ける ヒトの皮膚はその場所によって厚さが異なり、同じ薬を塗ってもその吸収される度合いが違ってきます。
リンデロン

・脳腫瘍の浮腫の治療の維持に使う。 〈鼻腔内注入〉通常、成人にはベタメタゾンとして1回0. 増殖性• ウェーバークリスチャン病• 虫さされ• 急性唾液腺炎• 喉頭結節• 重症肺結核• 泌尿器科領域 泌尿器科領域前立腺癌(他の療法が無効な場合),陰茎硬結• 3.大量又は長期にわたる広範囲の使用により、副腎皮質ホルモン剤を全身投与した場合と同様な症状が現れることがある。 <重症例に限る>• 亜急性湿疹•。

15
利用される疾患は、リウマチ、膠原病、アレルギー性疾患、血液疾患、内分泌疾患、悪性腫瘍、肝疾患、肺疾患、外科領域、皮膚科領域、耳鼻咽喉科領域、眼科領域等、様々な疾患に利用されております。
リンデロン

皮膚科領域 皮膚科領域• 気管支喘息• 続発性慢性副腎皮質機能不全• ステロイドと聞くと副作用を心配する人もいるかもしれませんが、適切に使用すれば高い効果を得ることができる優れた薬です。

20
の二次感染• 1~2mgを1日1~3回耳管内注入する• ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。 活動型肝硬変• そのときの経験からお役に立てる部分があると思いましたので、回答させていただきます。
リンデロン

顔面播種状粟粒性狼瘡<重症例に限る>• 原発性慢性副腎皮質機能不全• ここでは内服錠の副作用を中心に記載します。

3
結核性胸膜炎• の全身状態の改善• 潰瘍性慢性膿皮症• 顔面神経麻痺• また、虫刺されであっても動悸や冷や汗などのショック症状がある場合には、すぐに病院を受診するようにしてください。 陰部湿疹• リンデロンは処方薬なので、購入するためには病院を受診して医師の診察を受ける必要があります。
リンデロン

(40歳代病院勤務医、精神科)• 7). エリスロマイシン[本剤の作用が増強されるとの報告があるので、併用する場合には用量に注意すること(本剤の代謝が抑制される)]。 リンデロンはステロイドと呼ばれる副腎皮質ホルモンが配合された薬で、皮膚症状全般に多く使用されます。 口腔外科領域手術後の後療法• 〈卵管腔内注入〉通常、成人にはベタメタゾンとして1回0. 肛門湿疹• 副腎皮質機能障害による排卵障害• リンデロンをはじめとしたステロイドは、抗炎症作用や免疫抑制作用、抗アレルギー作用などを持っています。

12
性紅皮症• (60歳代病院勤務医、一般内科) 副作用 (添付文書全文) 再評価結果における安全性評価対象例455例(ローションを含む)中、副作用は18例(4. 以下にあてはまる方は、• そのため、同じリンデロンだから良いかと自己判断で使用した場合、思いもよらない副作用を引き起こしてしまう可能性があります。 単純疱疹性角膜炎• 伸びがよく、軟膏ほどべたつきが少ないため、広範囲に塗りやすいです。
リンデロン

食道の炎症• 1.6. 骨粗鬆症、大腿骨頭無菌性壊死及び上腕骨頭無菌性壊死等の骨頭無菌性壊死、ミオパチー(頻度不明)〔9. 7). 眼科領域: 内眼・視神経・眼窩・眼筋の炎症性疾患の対症療法(ブドウ膜炎、網脈絡膜炎、網膜血管炎、視神経炎、眼窩炎性偽腫瘍、眼窩漏斗尖端部症候群、眼筋麻痺の対症療法)、外眼部及び前眼部の炎症性疾患の対症療法で点眼が不適当又は不十分な場合(眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、虹彩毛様体炎の対症療法)、眼科領域の術後炎症。

2
下垂体性• 〈副鼻腔内注入〉通常、成人にはベタメタゾンとして1回0. 侵襲後肺水腫• 副腎クリーゼ• 3. 〈効能共通〉連用により眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障を来すことがあるので、定期的に検査をすることが望ましい〔9. 〈中耳腔内注入〉通常、成人にはベタメタゾンとして1回0. 2.真菌皮膚感染症・スピロヘータ皮膚感染症・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)[これらの疾患が増悪する恐れがある]。 血管運動<神経>性鼻炎• デカドロンエリキシルはアルコールが強すぎる。
リンデロン

アセトン又はクロロホルムに溶けやすく、メタノール又はエタノール(99. リンデロンVG軟膏は、リンデロンVの成分に、 ゲンタマイシンいう抗生物質をプラスしたもので、ステロイドで炎症を抑え、 抗生物質で感染を防ぐ効果があります。 の湿潤• 2. その他の副作用 1). 過敏症:(頻度不明)発疹。 慢性リンパ性白血病• や、などを治療するお薬です。

17
感染症のある滑液嚢内• 〈胸腔内注入〉通常、成人にはベタメタゾンとして1回1~5mgを週1~3回胸腔内注入する• 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者• 効能・効果• 網脈絡膜炎の対症療法• 〈球後注射〉通常、成人にはベタメタゾンとして1回0. 凝固因子の障害の出血性素因• 接触皮膚炎• ・剤型が豊富なので経口薬も本剤を使用しています。 視束脊髄炎• ウイルス皮膚感染症• B型肝炎ウイルスキャリア• の糜爛• アトピー皮膚炎• 万が一、このような症状がみられた場合には、直ぐに医療機関を受診し、医師の判断を仰ぐようにしましょう。
リンデロン

ステロイド成分のみになるので、抗炎症作用を期待して、湿疹、皮膚炎、かぶれ、虫刺されなど、様々な皮膚疾患に対して使用されます。

長谷川靖彦ほか, 応用薬理, 8, 705-720, 1974• (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. , 149, 299-304, 1974• 水痘又は麻疹への感染が疑われる場合や感染した場合には、直ちに受診するよう指導し、適切な処置を講ずること。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンVG同様ステロイド剤なので、大量に長期間使用すると副作用が起こることがあります。
リンデロン

1.3. 糖尿病の患者:糖新生作用等により血糖が上昇し、糖尿病が増悪するおそれがある〔11. の対症療法• スピロヘータ皮膚感染症• 甲状腺<中毒性> クリーゼ• 外傷後関節炎• 食道の炎症• ステロイド外用剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより、以下の5段階にわけられています。 リンパ 肉腫症• ・有効な治療薬のない感染症の方 ・全身の真菌症の方 ・消化性潰瘍の方 ・精神病の方 ・結核性疾患の方 ・単純疱疹性角膜炎の方 ・後嚢白内障の方 ・緑内障の方 ・高血圧症の方 ・電解質異常のある方 ・血栓症の方 ・近々に内臓手術を受けた方 ・急性心筋梗塞を発現された方 治療を受ける際に、持病がある方は、医師に相談しましょう。

9
眼筋 麻痺の対症療法• 3.1. 慢性肝疾患の患者:用量、投与回数等を調節すること。 そのため、。