フリッツ ホンカ 事件。 70年代ドイツに実在、次々と娼婦を手にかけた殺人鬼フリッツ・ホンカとは? /2019年12月25日 1ページ目

事件 フリッツ ホンカ

。 そして・・・ほかにも切り取られた女性の乳房や、太ももなどを詰めた袋を発見した。 一見、無害そうに見えるフリッツの狂気に気づく常連客は誰ひとりいなかった…。

殺人を犯す理由に、ワイドショーで取りざたされるような対外的な要素を入れないようにして、観客にフラットな視点を持たせるようにしているのだから。
事件 フリッツ ホンカ

彼は10人兄弟の3人目として生まれ、兄弟が多すぎたために母からは育児放棄され、児童養護施設で育った。

17
そんな存在なんだ。 一人の醜い男による実現不可能な「妄想の暴走」。
事件 フリッツ ホンカ

彼はオーラルセックスでしか興奮できない性的不能者で、しかも164cmの自分よりも背が低く、その上で歯がない女でなければ受け付けなかった。 更にもう1体はバラバラに切り刻まれて、部屋の隅に積み上げられていたのである。

離婚した後は、バーに通い詰め好みの娼婦を探して家に連れ込む事に成功。 『ソウル・キッチン』 09 、『女は二度決断する』 17 などの名匠、ファティ・アキンが本作を手掛ける [c]2019 bombero international GmbH&Co. いい歳したおっさんおばさんが人目もはばからずに泣いたり、キスしたりしてる風景ってどこかの日本の場末のスナックの状況と似ていますね。
事件 フリッツ ホンカ

Pozsar, Christine; Farin, Michael 1998 [1995] ドイツ語. 安アパートの屋根裏部屋に住む中年男のフリッツ・ホンカは、夜な夜な男と女が集うバーで酒をあおっていた。 電気をつけたのは、下の階に住んでいるギリシャ人の家族のひとり、幼い少女でした。 それで下階のギリシャ人家族の父親を彼に演じてもらったんだ。

7
Kathrin Kopisch: Der Fall Fritz Haarmann 1924. 映画化される連続殺人鬼と聞くと、『羊たちの沈黙』 91 のハンニバル・レクター博士や、実在のシリアルキラー、テッド・バンディなど、凶悪犯とわかっていてもカリスマ性を持つような人物をイメージしてしまわないだろうか? 高いIQ、美麗な容姿、巧みな話術…そうした人物像には当てはまらない、孤独な人生を送った殺人鬼もいる。
事件 フリッツ ホンカ

成長したホンカはレンガ職人として働き出したが、持病のために転職、さらに西ドイツに逃亡して農村に住み着いた。

10
劇中では、女性に不能なことをバカにされると激昂し、本能的に暴力を振るうという目も当てられないようなシーンが幾度となく描かれている。 その5年後に63歳で亡くなりました。
事件 フリッツ ホンカ

但しハールマン自身は少なくとも48人は殺したと豪語していた。

監督のファティ・アキンは、本作を「孤独、ロンリネス(消極的孤独)についての映画だ」と語ったが、ウィルソンの言葉を用いるなら「人格からの逃れ難さについての映画」といえるだろう。 ただ女性を衝動的に暴行し殺害という流れを繰り返している。