ナルト ss 逆行。 NARUTO最強

Ss 逆行 ナルト

8 : ナルト WBRXcNtpf. 二次創作の小説を書くのは久々で色々と問題があるかもしれません ガクブル ので何か問題がありましたらコメントしてくれるとありがたいです 場合によっては即座に消そうと思います。

17
シズネさんと我々で向かったところ、胸から腹部にかけて切り裂かれています・…」 サクラは、カカシを治療しながら話を聞いて状態を確認する。 何が凄いって多分ですが、原作読んでなくても十分楽しめるレベルなんですよ。
Ss 逆行 ナルト

レミリア(ふぅ、それにしても、この威圧感は何?何があるのかしら?) と不思議に思っていた• 「あっちいいわけ?サスケにばれるよ」 「お前にもばれなかったのに?」 飄々とする言葉遣いに、いつもの口癖はついていない。 楽しんでくれると嬉しいなぁ・・・トホホ。 レム、ラムやロズワールなどとも普通に絡みながら物語が進んでいきます。

8
カカシと出会ったのもそこで、ナルトは下忍になる前だった。 n番煎じな上キャラ崩壊 主にサスケ、カカシ 、雰囲気小説です。
Ss 逆行 ナルト

ゆるキャラです。 ヒロイン枠の戸塚を親友ポジションにしたのは地味にすごいことだと思います。 長門の方も自分が戻って来ていることや今の里の状況等、弥彦達からの伝言をオビトに伝えて欲しいと頼んだ。

8
そしてうちはサスケ」 ナルト「うわぁ・・・個人情報バレバレだってばよ・・・」 サスケ「・・・b いや言わない方がいいな、多分 この時サスケはババアと言おうとしたのであった ナルト「そ、そんなことより!心配ないってどういうことだってばよ!?」 サスケ「確かに・・・どういうことだ」 紫「それはね」 説明中・・・ ナルト「そうなのかぁ~」 サスケ「・・・そんなことがありえるのか?」 紫「えぇ、本当よ、見てみる?」 ナルサス「あぁ」 と言い紫は空間に亀裂を入れ見させた ナルト「なるほど!」 サスケ「そういうことか」 紫「ね?」 ルーミア 紫のね?が気持ち悪いのだ~ ミスティア 胡散臭いにもほどがある顔ね 紫「じゃ、そういうことでじゃあね~」 と言い消えていった• うずまきナルトが里を抜け、それでもなお、己の忍道を貫き通す物語である。 19 : ナルト WBRXcNtpf. 」 分身ナルト「じいちゃん…あ、穢土転生が解除されたってばよ」 我愛羅「どういう事だ。
Ss 逆行 ナルト

SSとは、サイドストーリーまたはショートストーリーの略。 しかし、内心その様子にドン引きしている様子が面白い。

20
作者はアニナルとネタバレ+最終巻しか見てないなので 色々間違っているかもしれませんが自己満足のブツなので大目に見てください。 ヌオオ」 マダラ「少しはやるようになったが…さて、二個目はどうする…オオノキ?」 オオノキ「! 次に馬で指をすぐ変えないと!」 サクラがまるで姉のように手ほどきをしている。
Ss 逆行 ナルト

……イタチとは和解できたみたいね」 サスケ「早くしろ」 白ゼツ「カブトやられたみたいだよ。 「未分類」SSの交流広場• 長門やオビトの話からするに、本格的に動き始めるのはナルトが育ってからなので後13年もある。

8
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 カカシも愛読本に視線を向け、ほとんど唇を動かさずに喋っている。
Ss 逆行 ナルト

よろしくな我愛羅」 我愛羅「ふん」 カンクロウ「あ、待てよ我愛羅! うちはイタチは死亡」 トビ「そうか…思った通りだ」 黒ゼツ「何故ソンナニボロボロナンダ?」 トビ「退くぞ。

9
17 : ナルト WBRXcNtpf. よかったら読んでください。 ナルト「この街でイタチが来たはずだってばよ」 サスケ「ああ…」 自来也「むほーあの姉ちゃん脈ありだのう。
Ss 逆行 ナルト

演習中に抜け出すなんて」 ナルトのほうを見上げると、冷めたような呆れたような目つきでナルトがカカシを見下ろしていた。 中二病でも恋がしたい! 何かあったらオレが守ってやるってばよ」 ヒナタ「う…うん、ありがとう」 ヤマト「何言ってんの、君は守られる立場でしょ」 その後カブトとの遭遇 原作通りの流れなのでカット カリン「あれ、サスケは?」 水月「ん?何か用事があるってさ」 ダンゾウ「うずまきナルト…あやつの行動はもはや無視できんな。 」 カカシ「君は?」 サクラ「私の名前は春野サクラ。

6
しかも、本気で言っているのでなおのことだ。 油断するな」 とサスケはスサノオで弾幕を弾き飛ばす ナルト「あぁ!」 とフランに攻撃した• うずまきナルト。
Ss 逆行 ナルト

もはや二人には恐怖しか感じない。 江ノ島循子が苗木の「希望」に学級裁判前に気が付いて、ちょっかいを出していく内に興味を持ってしまうという内容。 3作品くらいをメドに紹介していく予定です。

4
五影会談の要請が来ている。
Ss 逆行 ナルト

じゃあ何かしら?」 ナルト「え~っと、チャクラだってばよ」 フラン「へぇ~、まぁよくわからないけど・・・」 と言いながら フラン「スペルカード発動「禁忌「レーヴァテイン」 と言いでかい剣?の炎を纏ったようなな物をだした サスケ「!?おい、ナルト」 ナルト「あぁ・・・わかってる、やばいんだろ?あれ」 サスケ「あぁ、多分だがな」 と後ろへ飛ぶ フラン「死になさい・・・!!!!」 とフランは物凄い勢いで飛んでくる、そして フォン!! と二本の剣?を投げてきた サスケ「!!」 とサスケはスサノオで防いだ ナルトは ナルト「はぁぁぁぁ!」 とナルトは螺旋丸で砕いた バリン!! フラン「!!へぇ~、私の中で最強のスペルを砕くなんてねえ・・・」 とフランは飛びながら驚いた ナルト この世界の幼女?は危険物だってばよ!!!!なぁ!そう思うだろ!?クラマ! クラマ ん?・・・、幼女なんて者に興味がないから知らんな と寝る ナルト くぅ~!何か戦闘がめんどくさくなってきたってばよ! クラマ ならさっさと尾獣モード?だっけか?なっちまって倒しちまえよ ナルト あぁ~・・・そうしたい所だけどよ~・・・ クラマ 幼女だから傷つけられないと? ナルト う~ん・・・それもあるがぁ・・・俺自身の力で倒してみたいと言うか~・・・ クラマ お前めんどくさいな・・・案外・・・ ナルト うるせえってばよ・・・ サスケ「おい、ナルトぼけっとするな来てるぞ!」 ナルト「!!あ、そうだった!」 とそこで気づいたナルト フラン「これで終わりね!!死ね!!」 とフランは剣を薙ぎ払った ナルト これは・・・!やばいってばよ!! とナルトは尾獣モードになり瞬心で避けた フラン「!?消えた!?」 とフランはサスケだけに攻撃した だが サスケ「効かねえよ・・・!」 とサスケはフランを掴んだ フラン「ぐっ・・・!」 サスケ「おい、ナルト」 ナルト「ん、何だってばよ!」 サスケ「こいつ・・・殺すか?・・・」 とサスケは天照を出そうとしている ナルト「!それはやめとけってばよ!!」 とナルトは止める サスケ「何故だ?また襲ってくるぞ」 と言う ナルト「あぁ~・・・そうだなぁ・・・」 サスケ「もういい、時間の無駄だ」 と言い サスケ「天照!!」 と目から黒い炎が出る フラン「!!!」 とフランは急いでスサノオの手を砕き飛んだ サスケ「!?っち!」 と天照は地面に移った ナルト「よっしゃあ!サスケどいてろ!」 とサスケの前に出る サスケ「お前!ナルト「ここからは俺がやるってばよ!」 とナルトは下がらない サスケ「・・・ったく、5分だ」 ナルト「おう!」 と言う フラン「はぁはぁ・・・」 と体力を切らしている ナルト「さて、行くぞ!!」 とナルトは走る フラン「っく・・・!!!」 とフランは無茶苦茶に弾幕を飛ばす ナルト「おっとっと!」 とナルト瞬心で避け、フランの元へ飛ぶ フラン「!!? いつの間に!!!!? 」 と思っていた時 ナルト「いくぞおお!!」 と言い ナルト「惑星螺旋丸!!」 と3つの球が繋がった様な物がフランに当たり ドッカ~ン!!! と地面を砕き フラン「がはっ!!!?」 と物凄い勢いで吹っ飛び壁にぶつかった ナルト「よし!!」 とガッツポーズ サスケ「・・・」 とサスケは写輪眼で砂煙の中でフランを見るが動いていない サスケ「ふぅ、終わったな、ナルト」 ナルト「おう!」 と言った時に• 」 ガチャ 扉を開いた音 サクラ「もぉーナルト遅いわよ。

18
これで儀式から離れられる」 ペイン「お前さっきまで休んでなかった?」 小南「何の事?私はずっと儀式をしていた」 ペイン「……」 小南「……」 ペイン「……そうだな。 火の国から逃がすな、必ず見つけ出せ。