カディス 対 アトレティコ。 アトレティコ指揮官シメオネ、ラ・リーガ首位独走の感想を問われて…「(次戦の)カディス。以上だ」(GOAL)

対 アトレティコ カディス

「試合は両チームともに非常にハードワークしており、得点のチャンスはどちらもほとんどなかった。 ここには健全な競争があり、チームの成功につながっている」. 2009-2010• 努力し続けなければならない。 協力して頂いた ぽこるちょねろさん、ざわさん ありがとうございました。

16
笑 審判からはあのシーンは絶対見えてなかっただろうし、彼も何食わぬ顔でやり過ごしているけど、見えないところで汚い手を使ってるのさ。 12 シーズン -• esはファンに向けて『バルサはリーグ戦に別れを告げたのか?』と問いかけている。
対 アトレティコ カディス

攻勢を続けるアトレティコは、28分にセットプレーから先制する。

14
今季の同条件での試合は、ウエスカ戦とロコモティフ戦がありますが、どちらも引き分けという結果でした。
対 アトレティコ カディス

この応援歌はセグンダ・ディビシオンBでプレーしていた2001-02シーズンに始まり、ヨーロッパ中に広まった。 ) 今季のカディスらしいフットボールがあれば、十分にアトレティコを仕留めることができると筆者は考えています。 他にも様々な視点から注目点をピックアップできると思います! とにかく、カディスがどのような対アトレティコ戦術を考案するかが楽しみで仕方ありません。

1
シメオネクローンによるアトレティの印象のあるメンバーから大きく変化した現在は、攻撃でも守備でもフィジカルを用いた戦い方を避けていると筆者も考えています。
対 アトレティコ カディス

フットボールはパルティード・ア・パルティードだ。

実は、筆者はこのビルドアップに対して少し異なる見方でした。 「それまでにはまだ多くの試合がある。
対 アトレティコ カディス

44分、ショートコーナーの流れから再び右サイドでパスを受けたレマルが高速クロスを供給すると、ニアのサウールが左足で合わせるとふわりと浮いたボールがそのままゴール左隅に吸い込まれた。

82分にバエナのミドルシュートが左ポストに直撃するピンチを迎え、続く85分には再びバエナの強烈なボレーシュートが枠を捉えたが、ここはGKオブラクがビッグセーブで凌ぎ、2-0のまま勝利。 2016-17シーズンにセグンダに復帰して以降に中位に定着し、2019-20シーズンに15年ぶりにプリメーラ復帰を果たした。
対 アトレティコ カディス

2007-2008• 昨シーズン行われた20節のエイバル戦がありました。

12
2015-2017• イギリス『デイリー・メール』が伝えている。
対 アトレティコ カディス

2008-09シーズンはグループ4を首位で終え、さらにプレーオフを勝ち抜いてセグンダ・ディビシオン復帰を決めた。

7
2004-05• 公式戦連敗となった中、チェルシー戦のスタメンからフェリックスに代えてヴルサリコのみを変更した。 今現在はパルティード・ア・パルティードで生きることが最善の方法なんだ」 「自分を、本当は存在していない場所に置いたまま止まるわけにはいない。
対 アトレティコ カディス

中立地開催ながらホーム扱いでの試合で敗れたシメオネ監督は、試合後、多くの面でイーブンな展開だったと振り返った。

4
そこで、今回の試合と類似した展開になりそうな試合はなかったのかと探してみます。 関連ニュース アトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスは、28日に行われたラ・リーガ第25節のビジャレアル戦で途中出場からゴール。