表題 の 件。 「表題の件」の使い方とは?「標題の件」との違いや例文を解説

の 件 表題

「表題の件」と使用する場合は本文で同じことを繰り返さなくても良いということです。

4
先日渡した資料に誤りがあった、なんてときに活躍する例文です。 しかし、誤った使い方をすると相手に疑問を与えかねません。
の 件 表題

この場合、メールの表題(の大事な部分)が見えていないため、「表題の件」が唐突に感じられてしまうことがあります。 使い方 ビジネスでは 「表題」は、重要な連絡の要旨であったり、プロジェクト名であったりします。

15
例えばチーム内での回覧や知り合いに送るFAXなどで使用すると良いでしょう。
の 件 表題

特に急ぎの場合には、このメールの送り方が有効でしょう。 こちらは、以前何らかの提案を断られていたという背景が想像できる例文です。

6
使い方としては「表題に掲げたように」と題目を読みあげずに、何の話をするか伝えることができます。
の 件 表題

本文の1行目は挨拶の文言を入れると良いでしょう。 「表題の件」は大見出し「標題の件」は小見出しのような件名に用いて使い分ける 「表題の件」と「標題の件」の正しい使い方についてのご紹介でした。 そのうえで、本文に「表題の件訂正がございます」と使います。

「表題の件」または「標題の件」かは事項の重要性で違う 大見出しのような件名とはいったいどのようなものになるのでしょうか?やはり大きなプロジェクトの連絡だったり、その件名に記載されている事項が非常に大きなことであると、こちら側が感じている時が、それに当たります。 何卒、よろしくお願い申し上げます。
の 件 表題

「表題の件について〜」と内容を書き始めたあとに、「また、別件ではございますが」と伝えて別の用件を伝えるというように使用します。

13
きちんとした説明は、メール本文の中で明確にすることが鉄則です。
の 件 表題

どんな文章が書かれているのか大見出しを見ればすぐにわかります。 この場合は表題の内容を明記した方が良いでしょう。 例えば、先日発注した内容の納期を再度確認したいときなどに使用すると便利な例文です。

19
メールでは、 「表題の件に関して」と文章を始める人も多いのですが、1日でやり取りするメールの件数が多い人は、その 「表題」が何であるのかいちいち確認しなければならない為に面倒だと思うことがあります。
の 件 表題

掲題の例文 掲題を使用する際も「掲題の件」という使い方です。 「標題」との違いや使い分け方については、以下で見てみましょう。

2
TOP画像/ c Shutterstock. 使いやすい方を使うと良いでしょう。 標題の件と表題の件の使い分け方としてまずは、後者の使い方から見ていきます。