和歌山 足場 事故。 鉄パイプ落下事故の下請け業者ヒロケンの責任と賠償はどうなる!?鉄パイプ落下原因は何だった!?

足場 事故 和歌山

多くの現場で音が鳴る作業や道路を使う作業は9時以降というルールが設けられています。

1
左はこの事故とは関係ないが参考として。
足場 事故 和歌山

落下した鉄パイプには補助ロープなし! 警察の発表によると、19日朝に落下した鉄パイプに補助ロープはついていなかったということ。

17
職業は銀行員だったそうです。 ビルの屋上では、看板の補修工事に使った鉄パイプの足場を解体していたそうです。
足場 事故 和歌山

業者の過失について厳しく追及して欲しいと思います。 あれじゃ防護ネットでも何でもない。

男性は大阪在住の銀行員で、和歌山に出張で訪れていたところ、不運にも事故に合ってしまったのでした。 現場では資材を搬入するため、枠組足場の支柱と支柱の間に斜めに入れて転落を防止する「筋交い」を外していた。
足場 事故 和歌山

この事故は、屋上付近に設置されていた工事用の足場を解体中に鉄パイプが落下し、ビルの近くを歩いていた26歳男性に直撃しました。 現場では看板の改装を行われていて、その改装で使われた足場の撤去作業が行われていました。 (出典: ) 請負業者賠償責任保険 今回の事故では、看板の改修工事を請け負った元請の工事業者である「SIGNTAKASE」が加入しているであろう請負業者賠償責任保険からの補償があります。

2
一方、安全対策の詳細については「警察の事情聴取もあり、コメントを控えたい」と言及を避けた。
足場 事故 和歌山

遺族の方もこんなことで亡くなってしまってはやりきれない気持ちでしょう。 資材の搬入するため、枠組足場の建枠と建枠の間に斜めに入れて転落を防止する資材「筋交」を外していたようです。

18
まとめ 今回は足場材の落下事故を未然に防ぐ方法、悲惨な事故事例と対策をご紹介しました。
足場 事故 和歌山

また情報が入り次第更新をしたいと思います。

10
男性は心肺停止の状態で病院に搬送され、心拍が戻りましたが、その後死亡。
足場 事故 和歌山

亡くなられたのは、大阪市中央区の銀行員板垣智之さん(26歳)でした。 今後とも皆様の変わらぬご指導とご鞭撻を頂けますよう、何卒宜しくお願い致します。

12
なお、HPには下記のような記述がありますが、実施には、どのような安全対策をしていたのか疑問です。 工事は、商社が和歌山市内の業者に発注しており、同署は業者の安全管理体制に問題がなかったか、業務上過失致死容疑も視野に捜査する。