ストライク フリーダム。 HGBF アメイジングストライクフリーダムガンダム レビュー

フリーダム ストライク

後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4 示される世界』角川書店、2005年11月1日。

1
放熱用の「フィン」としての機能も有しており 、翼の内部には温度の安定機能を持たせ表面には排熱用の特殊加工を施すことで、宇宙空間の激しい温度変化に対応している。
フリーダム ストライク

ドラグーンに苦戦しミーティアを破壊されつつも対等に渡り合うが、戦闘の最中にクルーゼによってを目の前で殺され、キラのSEEDが発現。 SEED HGから大幅に進化した可動とスタイリッシュな体型が特徴。

3
一方、ストフリの活躍をもっと見たかった。
フリーダム ストライク

宇宙に上がった際は、ラクスとバルトフェルドが搭乗したエターナルを援護し、L4コロニー郡へ向かう。 素のステータスが高いことに加え、実弾系の武器のダメージを半減するVPS装甲と、VPS装甲によるEN消費をスルーするハイパーデュートリオンエンジンによって高い継戦能力を持つ。 なお、デューンはデューンと核の両方を積んでいるである。

全領域の戦闘環境下において単機で多数の敵機と相対することを目的としており、単独での大気圏突入から高機動空中戦への移行を可能とする高い適応能力と汎用性を持ちながらも、マルチロックオンシステムを駆使した火器等により複数の敵機を同時に無力化する事が可能。
フリーダム ストライク

だからこそ、SEEDの続編である劇場版を待ちたいです(笑) 見れる日は来るのでしょうか. それほど、フリーダムという機体は、SEED、SEED Destinyの両方にわたって活躍していました。 実戦での使用は確認されていない。

7
これはキラが他の機体のパイロットと違い正規の訓練を受けた軍人でない為、我流で操縦している分機体への負担が多いからとされている。
フリーダム ストライク

ソウマ・ツバサがフリーダムガンダムをベースに、部分的にRGストライクフリーダムガンダムのパーツを流用し、強化したガンプラ。 これにより戦況をより正確に見極め 機体の戦闘能力を最大限に発揮できるようになっているが 、マルチロックオンシステムの真価を引き出すにはパイロットの技量が大きく影響し 、コーディネイターの中でも特に優れた反応速度が求められる。

さらに武装も癖が強い上にEN消費率が激しく、お世辞にも使い勝手は良いとは言えない。 INFO、2009年4月17日 参考文献 [ ]• 宇宙ではファングとかに近い代物で、飛ばせない地上ではある種の隠し武器として使うのが限度、というか取り回し的に素直にビームサーベル抜く方が強いまであると思う。
フリーダム ストライク

アンテナの形状が変更され角度はストライクに近い感じになっていました。 砲の格納形体は従来の3つ折り式から2つ折り式に小型化されているが、威力はむしろ向上している。 そして、連結してロングライフルになる。

12
分冊百科• フリーダムガンダムは複数のモビルスーツと相対するために開発されたが、そのマルチロックオンシステムの使用には搭乗者の技能が要求されるとした資料もみられる。 けれど、ストフリの2丁でのアクションはかなりかっこいい! 高速戦闘において、両手でビームライフルを構えるというのは、とても相性が良いものでした。
フリーダム ストライク

同システムは本機の成功によりデータが潤沢となったため、エースパイロット専用に同様のシステムを導入したも作られ始めている。 3 SEED MSV編』ホビージャパン、2004年5月。

格闘周りは二刀流乱舞がBD格闘に新造されたが、同時に派生を含めキラキックがかなり増えた。