源氏 物語 現代 語 訳。 源氏物語現代語訳全部列挙してください

物語 語 源氏 訳 現代

「日本文学全集の編者である池澤夏樹さんが、『下巻』の解説に書いてくださった文章を読んで号泣しました。

12
阿部秋生「物のあはれの論」『源氏物語入門』岩波セミナーブックス41(岩波書店、1992年(平成4年)9月7日)• 明石の君、女三の宮と比して、自分の立場の心細さを痛感する紫の上は出家を志す。 03 桐壺と同程度、あるいはもっと低い家柄の更衣たちも、なぜあの女が、となおさら気がおさまらない。
物語 語 源氏 訳 現代

あらたに私が訳す意味をどこに見出せばいいのか。

4
源氏の懸想はやまず、また、入内したとしても帝寵の厚い秋好中宮と弘徽殿の女御と争うことは考えられなかった。
物語 語 源氏 訳 現代

源氏が袖をとらえると女は最初おびえるが、源氏と知って心を許す。 そんな暇があったら原文を読む方が手っ取り早くて、内容も正確につかめます。 おぼえいとやむごとなく、上衆(じょうず)めかしけれど、わりなくまつはさせ給ふあまりに、 さるべき御遊びの折々、何事にもゆゑある事のふしぶしには、先づ参う(まう)上らせ給ひ、ある時には大殿籠もり過ぐして、やがて侍らはせ給ひなど、あながちに御前(おまえ)去らずもてなさせ給ひしほどに、おのづから軽き方にも見えしを、この御子生まれ給ひて後は、いと心ことに思ほしおきてたれば、坊にも、ようせずは、この御子の居給ふべきなめり」と、一の皇子の女御は思し疑へり。

8
のち『源氏物語受容史論考 続編』風間書房、1984年(昭和59年)1月、pp. 計量文献学の世界』文藝春秋、2004年、125-153頁。 06 上達部や殿上人、その他の者まで横目でにらむありさま、実に見ていられない御寵愛ぶりである。
物語 語 源氏 訳 現代

彼の計算高いところ、堅物の裏の顔は地の文でしか書かれていない。 紫の上も『中巻』では人間味を増して描かれています。

20
06 上達部や殿上人なども、むやみに目をそむけるという、見るに堪えないご寵愛ぶり。
物語 語 源氏 訳 現代

「その時代に、若い貴族女性たちはもちろんのこと、多くの人たちが『源氏物語』に夢中になったのは、おそらく光源氏をはじめとする登場人物の姿が、読みながら具体的に思い浮かんだからだと思います」。

原書にもっとも忠実だとされているのは谷崎潤一郎の訳だが、やはり主語が書かれていないので、古典の素養がないと読みづらい。 大勢のお妃方の前を帝は素通りあそばされて、ひっきりなしの素通りを繰り返されるので、お妃方が思い悩んでおられるのも、なるほどもっともなことである。
物語 語 源氏 訳 現代

母亡き後、養育していた更衣の母も亡くなったため、若宮は再び参内した。 池田亀鑑「新講源氏物語(合本)」至文堂、1963年。 宮中には、女御とか更衣という位の妃がたも多かったなかに、とびぬけて高位の家柄の出というのでもなかった桐壺の更衣という人が、他を圧して帝のご寵愛を独占している、そういうことがあった。

11
01 いつの御代のことであったか、女御更衣たちが数多く御所にあがっていられる中に、さして高貴な身分というではなくて、帝の御寵愛を一身に鍾 あつ めているひとがあった。