ミネブロ 添付 文書。 【ミネブロ(エサキセレノン)ってどんな薬?】セララやアルダクトンとの違いを比較する!|薬剤師の悩みを解決するサイト|HitouchMedi

文書 ミネブロ 添付

抗アルドステロン薬• アルダクトンAとの違い アルダクトンAは、MR選択性が低い薬です。

8
腎機能障害においても中程度であれば使用できる• ミネブロは海外未発売なので、使用経験が圧倒的に少ないのがやっぱり不安。 アンジオテンシン変換酵素阻害剤、アンジオテンシンII受容体拮抗剤、アリスキレンフマル酸塩、シクロスポリン 、タクロリムス、ドロスピレノン配合剤 血清カリウム値が上昇するおそれがあるので、血清カリウム値を定期的に測定するなど十分に注意すること。
文書 ミネブロ 添付

1参照〕[血清カリウム値が上昇するおそれがあるので、より頻回に血清カリウム値を測定するなど十分に注意すること(カリウム貯留作用が増強するおそれがある)]。

4
ミネラルコルチコイド受容体は、血液中の電解質のバランスを制御するステロイドホルモンの受容体。 でも、第3相試験を見る限りでは、そういったデータでもなさそうです。
文書 ミネブロ 添付

スピロノラクトンと比較してミネラルコルチコイド受容体への選択性が高く、女性化乳房などのホルモン系への影響が少ない。 飲みはじめに、めまいや立ちくらみを起こしやすいです。 特に、中等度の腎機能障害のある患者、アルブミン尿又は蛋白尿を伴う糖尿病患者、高齢者、高カリウム血症を誘発しやすい薬剤を併用している患者では、高カリウム血症の発現リスクが高まるおそれがあるため、より頻回に測定すること。

11
アンジオテンシン変換酵素阻害剤 イミダプリル塩酸塩、エナラプリルマレイン酸塩等 、アンジオテンシン2受容体拮抗剤 オルメサルタン メドキソミル、アジルサルタン、テルミサルタン等 、アリスキレンフマル酸塩、シクロスポリン、タクロリムス、ドロスピレノン配合剤〔8. 逆に、血中濃度を低下させる薬剤に、結核・抗酸菌症治療薬のリファンピシン(リファジン)とリファブチン(ミコブティン)、抗けいれん薬のフェノバルビタール(フェノバール)やフェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)、カルバマゼピン(テグレトール)、ステロイド薬のデキサメタゾン(デカドロン、レナデックス)などがあります。
文書 ミネブロ 添付

ちなみにアルドステロン拮抗薬が有用な病態は、 低レニン性高血圧症(食塩感受性本態性高血圧など 8))、治療抵抗性の高血圧、心筋梗塞後や心不全を合併している高血圧症、二次性高血圧の原発性アルドステロン症などです。

よく使用されるカリウム製剤に、スローケー、グルコンサンK、アスパラなどがあります。 1日1回服用• あとはCYPP3A系とリチウム、NSAIDs、ミトタン。
文書 ミネブロ 添付

社内資料:本態性高血圧症を対象とした長期投与試験成績(2019年1月8日承認、CTD2. ということは、併用したら即アウトというレベルではないのかも、という印象。 73㎡未満)のある患者及びアルブミン尿を伴う糖尿病又は蛋白尿を伴う糖尿病患者では、1. 過敏症• 5mg錠 適宜増減可 1日1回50mg錠 適宜増減可 剤形 錠剤 錠剤 Tmax 3. 4) なお、 高血圧治療ガイドラインは2019年4月に改訂が予定されています。

5
• 使用中の薬は、市販薬をふくめ必ず医師に報告しましょう。 CYP3A誘導剤が本剤の代謝を促進し、本剤の血漿中濃度が減少する。
文書 ミネブロ 添付

] 3. アルドステロンは腎臓の尿細管にあるミネラルコルチコイド受容体に結合して、尿中のナトリウムと水分を体内に戻し、代わりにカリウムを体内から尿中に排泄させる働きを持っています。 >> ミネブロの特徴:アルダクトン、セララとの違い 同様の作用機序(アルドステロン拮抗薬)としては アルダクトンA(スピロノラクトン)と セララ(エプレレノン)があります。

17
1参照〕。
文書 ミネブロ 添付

この圧力が一定以上に高い場合高血圧となります。

7
ACE阻害薬• 高カリウム血症• 蛋白尿を伴う糖尿病• 高血圧の症状 通常、高血圧になったとしても 自覚症状はありません。 4) 生活習慣の改善だけでは目標血圧に達しなかった場合は、薬物治療を開始します。
文書 ミネブロ 添付

高カリウム血症に注意 カリウム(K)の排泄量が減るため、血中のK値が上昇することがあります。 1参照〕[本剤の降圧作用の減弱や、腎機能障害患者では高カリウム血症があらわれるおそれがある 明確な機序は不明であるが、プロスタグランジン産生が抑制されることによって、ナトリウム貯留作用による降圧作用の減弱、カリウム貯留作用による血清カリウム値の上昇が起こると考えられる 危険因子 腎機能障害 ]。 【添付文書記載事項】 その他の副作用: 6. ミネブロの売上に応じて第一三共はエクセルシスに対してロイヤリティを支払う契約を結んでいる。

しかしながら、放置してしまうと、 脳出血・脳梗塞、心筋梗塞・心不全、不整脈、腎不全、大動脈瘤、脈硬化症といった多くの合併症を引き起こす原因となります。 3) セララやミネブロは、このミネラルコルチコイド受容体に結合して、アルドステロンの作用を抑えます。
文書 ミネブロ 添付

1参照〕。 なお、効果不十分な場合は、5mgまで増量することができる。

19
最大の特徴は非ステロイドであるという点。