まつり 縫い やり方。 まつり縫い(手縫い)のやり方とコツ~たてまつり・奥まつりの縫い方も~

縫い やり方 まつり

申し訳ございません。 なみ縫いのやり方 基本的な布の縫い合わせや、仮縫い、しつけのときに使う縫い方です。 本来は同色の縫い糸を使うので縫い目はほとんど見えません。

8
等間隔に繰り返して縫います。 ・裁ちばさみ:布を切る専用のはさみのことです。
縫い やり方 まつり

太さは薄い布は細い針で、厚い布は太い針になり、針の長さは長針は粗い目を、短針は細かい目を縫うときに使います。 ギャザーを寄せる場合などにも使います。 玉止めのやり方 縫い終わりのところに針を当てて糸を2〜3回巻きつけ、糸をひいて、縫い終わりのすぐきわでしっかり固定します。

20
並縫いとは逆に進みます。
縫い やり方 まつり

表から見た様子。

7
今回は、目立つように赤い糸を使用していますが、目立たない糸で縫えばほとんど見えません。
縫い やり方 まつり

見た目もさることながら、とても丈夫に仕上がるので、子ども服やブラウスの脇縫いなどにも向いています。

19
奥まつり 縫いたい部分の布を折り返し、1mmくらいすくいあげます。 まずは、裁縫の際によく使われる縫い方を前半で紹介していくので一緒に見ていきましょう。
縫い やり方 まつり

スカートの裾をまつるには「奥を流しまつり」する ボトムスの裾などでよく使われるのは「奥を流しまつり」と呼ばれる縫い方です。 ・まつり縫い:種類がたくさんあるので別に分けて紹介します。 このように玉留めが通ります。

17
教科書で確認すると、なんと、逆に持って縫い進めていたのですね。
縫い やり方 まつり

裁縫セットに必要なもの 裁縫を始めるときに必要な「裁縫セット」にはどんな道具が入っているのでしょうか。 ・渡しまつり:布の折り山同士を合わせて、コの字を描くようにまつります。

3
並縫の縫い方 縫い目は4mmから5mmくらいの間隔で 表から見ても裏からみても同じ縫い目になります。
縫い やり方 まつり

・糸きりばさみ:糸を切る専用のはさみのことです。 糸をぎゅっと引くと、たてにちょんちょんと、短いぬい目が出ている形になります。 この運針をマスターすると 縫うスピードは10倍くらい違いますね。

2
布端を手前に折り返し、ひと針すくいます。