小寺 智子 宝島社。 TOMOKO KODERA/15 DEGREES Ring

智子 宝島社 小寺

会食の内容は週刊文春に詳細が記載されるとのことなので、分かり次第追記したいと思います。 ただこの印税未払いのトラブルで宝島社の雑誌にも大きな影響が出ていると言われています。 というのも、この2冊は石原さんが表紙を飾る予定だったのですが、ホリプロから降板する旨の連絡があったのです。

7
現在37歳のK氏は、アンミカの書籍や元NGT48の山口真帆の写真集を手掛けるなど、ヒットメーカーとして知られる存在• そんな事務所側が抱えてきた不満が、金銭トラブルの発覚と同時に爆発したのでしょう」(前出・芸能関係者) 引用:女性セブン これだけのトラブルが起きた結果、宝島社は小寺智子さんを解雇し、ご本人も認めたようです。
智子 宝島社 小寺

ジュエリーの小寺智子とは別人 検索結果で同姓同名で、ピアスやネックレスなどのデザイナーの小寺智子さんが出てきますが、編集者の小寺智子さんとは別人なので注意です。 「今年に入って石原さんの 写真集の印税に、未払い分があることが発覚した。

編集者が担当アイテムを経理に費用計上しなければ何も始まらず支払いもされません。 「10代から60代まで、幅広い世代の方々に手に取っていただいたおかげで、発売1ヶ月で50万部を達成することができました。
智子 宝島社 小寺

それを受けて宝島社の局長がホリプロへ謝罪に訪れています。 山口真帆: 1 st写真集「 present 」 引用元:• ただK氏本人は、『未払いは全く身に覚えがない。

12
TOMOKO KODERA(トモコ コデラ)はダイヤモンドディーラー株式会社柏圭が運営するハイクラスジュエリーブランドです。 また新しい情報が入りましたら更新させていただきます!. 小寺さんは過去に田中みな実さんの写真集を60万部も売った敏腕編集者として、「深イイ話」に出演されていました! こちらの内容から、今回文春で報道された 編集者K=小寺智子さんと分かりましたね! 小寺智子のプロフィールや作品は? スポンサーリンク 小寺智子の手掛けた作品は? 小寺さんの人柄や仕事に対する情熱が分かったところで、過去に担当された作品をご紹介します^^• 小寺智子のインスタは? 小寺智子さんのインスタはこちらです。
智子 宝島社 小寺

確かに未払いは大問題。 いったいホリプロと何があったのでしょうね…。

8
というのも、この2冊は石原さんが表紙を飾る予定だったのですが、 ホリプロから降板する旨の連絡があったのです。 ニュースサイト『サイゾーウーマン』によれば、石原さとみさんはかなり負けん気が強く、数字に対して特に強いこだわりを持っているといい、写真集が累計50万部の大ヒットを記録した乃木坂46・白石麻衣さんのこともライバル視しているそうです。
智子 宝島社 小寺

直近では2019年に田中みな実さんの写真集の編集を担当し、60万部の大ヒットでした。 なぜ金銭を支払うことで決着がつかなかったのかということです」と出版関係者が語っています。 そのため4月の上旬に2人で話し合いの場を設けているそうです。

19
そんな事務所側が抱えてきた不満が、金銭トラブルの発覚と同時に爆発したのでしょう」 引用: とこのように未払い問題を解決出来なかったのは田中みな実さんの写真集が想像以上に大ヒットしたことも少し絡んでいるのかもしれません。
智子 宝島社 小寺

突然のことでただただ困惑し、絶望しています」と答えた 2017年に発売され、累計15万部を記録した石原さとみの写真集「encourage」の担当編集者でもある。 それを受けて宝島社の局長がホリプロへ謝罪に訪れています。

13
「 3月27日に発売予定だった『リンネル』、3月23日発売予定の『SPRiNG』の2冊が突如、発売延期となりました。
智子 宝島社 小寺

スポンサーリンク 小寺智子さんとホリプロ(石原さとみ)との金銭トラブルの会食の内容は? 2020年になってから石原さとみさんの写真集の印税に未払い分があることが発覚。 まとめ 【 田中みな実写真集の宝島社編集者解雇のK氏は誰で小寺智子! html また、• 2019年12月13日に発売された田中みな実さんの1st写真集「Sincerely yours…」は60万部という異例の大ヒットとなりました。

石原さんサイドとしては後ろ足で砂をかけられた気持ちになり、Aさんへの不信感が募っていった。
智子 宝島社 小寺

引用:週刊文春. それだけに、承諾を得るのはとても難しいことだったことでしょう。

20
ただK氏 本人は、『未払いは全く身に覚えがない。 net 今回、宝島社を解雇された事で話題になっている37歳の女性編集者K氏は、昨年末に刊行され、 60万部を突破する大ベストセラーとなったフリーアナウンサー・田中みな実さんの写真集「Sincerely yours…」も担当されていました。
智子 宝島社 小寺

K氏についてとK氏が解雇に至ったトラブルの内容• それを受けて宝島社の局長がホリプロへ謝罪に訪れています。 北海道札幌市出身でその後ロンドンに渡り、現在は東京で活躍しています。

13
「彼女の魅力は『振り幅の広さ』。