古賀 太陽。 「自覚・危機感・探究心。キャリア・ハイ」後編-古賀太陽

太陽 古賀

その道のりが決して簡単ではないことは言わずもがな、なのだがー。 状況を理由にせず、その後出番はありませんでしたが、自分に矢印を向けて向き合っていました」 縦パスを入れるタイミングはあった。 初戦を1-2で落としたチームは、その後白星を挙げることなく、1分2敗で史上初のグループリーグ敗退を味わうことになった。

[3種 中学生年代 ]• [2種 高校生年代 ]• 僕自身も特長をうまく出していけたらと思う」 あの悔しさを糧として、古賀は着実に成長を遂げた。
太陽 古賀

『これがゾーンってやつかな』ってくらいの感覚でした」 以前から「SBは楽しいですけど、CBに興味があるんです」と話す古賀にとっては、その想いに拍車をかけるものがあるかもしれない。 の第2節戦でプロデビューを果たした。 2018年6月18日、にで加入することが発表された。

2017年5月6日閲覧。
太陽 古賀

これからも型にとらわれずに」 今では良いことも悪いことも適切な距離感で捉えることができる。 一方の立田は「自分は何もしていないですよ」と惚けながら笑みを見せていた。

7
報道陣も引き上げた空港ロビー。
太陽 古賀

大島和人 2013年6月22日. あの試合は今年の試合の中でもテンポよく球もはたけてたし、相手を動かせていたし、縦にも入れられてた感覚はすごい残ってるんで。 古賀にとっての中山はレイソルアカデミー時代から「ずっと背中を見てきた存在」であり、中山の渡蘭前には直接「オレは行く。 [ビーチサッカー日本代表]• U-15• ここに呼ばれたからには1年前の自分と比べて、これだけ成長したんだという姿を見せないといけないし、強みであるプレーをドンドン出していかないといけないと思います。

そこから何とか、あのミスがあったから成長できたと思えるようにと思いながら、今年1年取り組んできた。 この1年、本当にあのミスから始まり、見返したい気持ちを強く持ったし、あのミスがあったから成長できたと思えるようにしたかった」 悔しさを糧に成長を遂げ、再びU-23日本代表候補に戻ってきた。
太陽 古賀

トレーナーのみなさんの存在が大きく影響しているのは間違いないですし、感謝していますね」 周囲のサポートに甘えるだけではなく、自らの食と体を見直すようになった。 そこを改めて感じられたことは大きかった」 左SBをベースに試合ごとに様々な役割を担うのはもはや当たり前。 高校3年時のはチームの主将に就任し、5月にトップチームにされた。

12
まるでショートパスのスキルを競い合うような攻撃と、大学選抜の速攻への対応という試合展開。 9月20日、4回戦の戦でプロ入り初ゴールを決めた。
太陽 古賀

2008年 - 2010年 柏レイソルU-12(浦安市立舞浜小学校)• 所属クラブ [編集 ] ユース経歴• [シニア]• 「あのときのように少しミスを恐れたようなプレーよりも、自分の特長を出せるように意識してこれたと思います。 あの試合はすごく好きです」 試合開始2分に満たない時間に、左足からの縦パスからマイケル・オルンガのゴールをアシストすると、後半にも呉屋大翔の決定機を鮮やかにクリエイト。 もはや弱々しいパスなど見られない。

17
五輪に向けてもそうだけど、僕自身成長するために、あのミス、あの経験を糧にもう一回成長しないといけないという思いでやってきました。
太陽 古賀

U-18に昇格したには高校1年生ながら左のレギュラーポジションを掴み、クラブ史上初の優勝に貢献した。 「自分はシンプルなボールで背後を取られていたシーンもあったと思うんですけど、拓磨くんはそれが本当にないので。 J1だと出来が良くなかった試合は負けるし、1個ミスしただけで失点するし…1年目の時も痛感していましたけど、試合に出続けることで良くない部分がはっきりしたりとか、そこが直接結果に関わっていく。

18
DFというポジション上、成功よりもミスや後悔から多くを学び、何度も自分を律してきた。 その膝がいよいよ言うことを聞かない試合もあった。
太陽 古賀

() 試合数 [編集 ]• 周りの選手たちも気遣ってくれましたしね。

7
もっと苦しむんだ。
太陽 古賀

あとは太陽に託したからね」と告げられたという特別な間柄。 2019年、移籍期間満了により柏に復帰。

10
シーズン終了後の12月にはに出場するに初選出され 、12月14日の香港戦で代表初出場。 間合いや駆け引きはいろんなタイプの選手と対峙することで得たもので、試合に出続けたからこそ、見つけられた部分はすごくあるのかなと思います。