いちび こ。 毎日の台所仕事が、たのしくてラクになる。「conte(コンテ)」のまかないシリーズ

こ いちび

古くなったイチビの繊維は細かく切り刻み、に混ぜ込んでつなぎとする苆(すさ)として再利用された。

10
花期は7〜9月。
こ いちび

(野に咲く花) 学名は、 Abutilon theophrasti イチビ属 2012年8月22日 玉湯 若い果実、14個の分果がある。

熟したと種子 利用 [ ] 播種は春に行い、3~4か月で成熟する。
こ いちび

(編)『広辞苑 第五版』、1998年。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 日本にはを経由して古代に伝来し繊維植物として利用されていたと考えられ、には栽培の記録もあるが 、古代から栽培されていた種と、現在日本全国に帰化植物として定着している種とは遺伝的に別系統である可能性が指摘されている()。

15
種子は3〜5個入っている。 当ページへリンク希望、画像データおよび解説をダウンロードして利用されたい方は下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。
こ いちび

2010年9月11日 果実 大庭 分果は長さ1. くず繊維はの際の混ぜ物に使われる。 5mm。 2013年9月26日 果実 東出雲 14個の分果がある。

13
『園芸植物大事典 1』、1988年。 、180頁。
こ いちび

表面に刺状の毛がある。

3
脚注 [ ] [] 米倉浩司・梶田忠 2003- 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList) 2014年2月20日. 着火用の火口として利用されてきた歴史からウチビ(打火)、いち早く燃えるのでイチビ(痛火)、の 어저귀(カタカナ表記するなら「オヂォグウィ」に近い)に由来する説、イトキビ(糸黍)からの約転説などがある。
こ いちび

2018年12月23日閲覧。

5
キリアサ(桐麻)の別名は葉の形がに似ることから。
こ いちび

- 岡山理科大学・総合情報学部・生物地球システム学科・植物生態研究室. 繊維を取り去った後の外皮は莔麻稈(いちびがら)と呼ばれ、焼いてにし、たやすく着火するために(ほくち)として利用された。 2017年11月01日作成. 冷蔵庫でよく冷やしてお召し上りいただくことをおススメします。 2018年12月25日閲覧。

12
5mm。
こ いちび

(代表編集)『世界有用植物事典』平凡社、1989年。 種子の側面、厚さ約2mm。 の定めるにも指定されていたが 、同リストは2015年3月26日をもって廃止されており、新たに選定されたには含まれていない。

(原著)、・(編)『新分類牧野日本植物図鑑』、2017年。
こ いちび

外部リンク [ ]• 子房は雄しべが合着した部分に包まれている。

5
防除方法としては、強靭な茎のため刈り取りはしづらく、抜き取り及び除草剤の散布による。