大阪 府 営業 時間 短縮 金 協力 金 申請 システム。 大阪府/大阪府営業時間短縮協力金 第1期(令和3年1月14日から2月7日まで)

協力 時間 府 システム 申請 大阪 営業 金 金 短縮

要件を満たしていることが確認できない場合は支給対象とはなりません。 「感染拡大防止の観点では、定休日は休業と同じ」とする。

大阪府では店の定休日も含め、時短営業の要請期間の日数に6万円を乗じた定額を一律支給する。 要請の対象施設(事業所)において、「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(業種別ガイドライン)」を遵守し、大阪府感染防止宣言ステッカー(以下「ステッカー」という。
協力 時間 府 システム 申請 大阪 営業 金 金 短縮

〇ステッカーを導入していない期間は、原則として休業することが必要です。

3
振込先確認書類 申請書類等についてはからダウンロードできます。
協力 時間 府 システム 申請 大阪 営業 金 金 短縮

ただし、令和2年11月26日までに当該施設を開業し、営業の実態があること。

利用者登録がまだの方はこちら: 利用者登録済みの方はこちら: (参考)行政オンラインシステムの利用にかかるよくあるお問合せは、の右上「よくあるご質問」をご覧ください。
協力 時間 府 システム 申請 大阪 営業 金 金 短縮

夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業を行っていた店舗において、朝5時から夜20時までの間に営業時間を短縮するとともに、酒類の提供は11時から19時までとすること• jp」のメールが受信できるよう設定を変更してください(ご使用のスマートフォンの設定によって迷惑メールと判定され、必要な通知が届かない可能性があります)。 〇ステッカーの導入が遅れたお店でも、2月7日まで(2月6日までに閉店した場合は閉店日まで)にステッカーを導入しており、ステッカーの導入が遅れたことについてやむを得ない理由があったと認められる場合は支給対象となります。

12
緊急事態措置コールセンター:(平日午前9時から午後6時、土曜日、日曜日及び祝日を除く。 また、閉店日当日も支給の対象となります。
協力 時間 府 システム 申請 大阪 営業 金 金 短縮

4.飲食店営業許可、喫茶店営業許可について 許可の有効期間が、1月14日から2月7日まで(2月6日までに閉店した場合は、閉店した日まで)の全ての期間を含むものであることが必要です。 事業所得の分かる確定申告書の写し• 大阪市は、新型コロナウイルス感染症拡大を受け、大阪府が「」(令和2年12月14日開催)、「」(令和2年12月25日開催)および、「」(令和3年1月8日開催)において実施を決定した休業要請等(以下これらの休業要請等を併せて「要請」)に応じた事業者に対して、新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的に、大阪府と共同して、令和2年12月感染拡大防止に向けた営業時間短縮協力金(大阪市・府共同)(以下「協力金」)を支給します。 【直近の確定申告書の写しを提出できない場合】 ・令和2年中に法人を設立または開業するなどにより、初回の確定申告の期限が到来していない場合は、次の書類を提出してください。

(3)令和3年2月8日(又は開店日)までに、感染拡大予防ガイドライン(以下「ガイドライン」という。
協力 時間 府 システム 申請 大阪 営業 金 金 短縮

この場合、申請者は、支給された協力金を全額返還するとともに、違約金を支払っていただきます。 誓約・同意書(様式3)• 例えば「菓子製造業」、「食肉販売業」などです。 4.本協力金に関するお問合せ先 大阪府営業時間短縮協力金コールセンター 開設時間 午前9時から午後7時まで 平日、土曜日のみ、日曜日及び祝日を除く。

対象者 協力金の支給対象者は、以下の1から5の全てを満たす事業者です。 協力金支給申請書、協力金申請要件確認書、誓約書(オンライン申請時に入力いただきます。
協力 時間 府 システム 申請 大阪 営業 金 金 短縮

(1)大阪府内に要請対象施設(店舗)(以下「店舗」という。 この場合、通常の審査より時間がかかる場合があります。

13
要請の対象施設において、営業に関して必要な許認可等を取得していること(飲食店営業許可は必須です)。 また、令和3年2月8日から2月28日までの全ての期間休業をしていた場合は、本協力金の支給申請日、当該店舗の再開日又は3月1日以降の閉店日のいずれか早い日までにステッカーを導入していれば対象になります。