30mm バンダイ。 30 MINUTES MISSIONS|キャラクタープラモデル|バンダイ ホビーサイト

バンダイ 30mm

第一弾ですので多彩なオプションパーツやバリエーション機体などはまだ発売されていないわけですが、今後が楽しみなシリーズではあります。 黄色は重機または砂漠仕様の量産機• ライフルをカスタマイズ可能な拡張パーツが付属します。 また、既存アイテムともミキシングできる共通関節構造で、3ミリジョイントを採用。

15
キャノン砲もスイングと回転が可能。
バンダイ 30mm

同じ機体で複数のカラーバリエーションが展開され、塗装なしでも好みのカラーリングを楽しめます。

オプションアーマーの形状に合わせたシールドが付属。 特徴としては• 特に驚いたのは、取説などのどこにも、このアルトという機体の所属やバックストーリーみたいなものが記述されていなかったことです。
バンダイ 30mm

自分だけの機体にカスタマイズする喜びを味わえるシリーズ ガンプラ以外でこのようなプラモデルのシリーズがバンダイから発売されるのは、とても新鮮です。 一軸関節でありながら、しっかりと曲がります! 続いて、肩部の可動域と脚の開脚とを見てみましょう。 豊富なカラーバリエーション• なお、模型本来の楽しみは、じっくりきれいに作り込むことにもあると思います。

19
またブースターパックに付属していた小型のブースターも同様に付属。 腕の加工 関節のクリアランスの確保を行いました。
バンダイ 30mm

交換パーツを取り付けた姿。 巨大ですが自立も十分可能でした。

18
今後、さらに3色が追加される予定となっています。 拡張パーツについて 30MM用の拡張パーツについては公式でもたくさん発表さていますが アルトのローンチと共に• 今までの30MMシリーズはオプションパーツを除きアルトとポルタノヴァのカラバリだったので ここまで形が変わった機体は新鮮です。
バンダイ 30mm

笑 カスタムできる量産機とか最高ですね。

20
肩部は恐るべき可動域を誇ります! 肩アーマーが追従するのも、ポージングを取る際に気が利いています。
バンダイ 30mm

小さめではありますが、ガシガシ動かして遊ぶサイズとしてはいいサイズだと思います。 拡張可能な関節機構を採用。 赤い丸で囲った部分は接着した後に隙間が出来ていたので、黒い瞬間接着剤で隙間を埋めました。

3
さて、量産機ファンにとってもうひとつの楽しみといえば「カスタマイズ」ではないでしょうか。
バンダイ 30mm

プラモデルって組むのが難しそうとか、時間がないから組めないなど 悩んでいるそこのあなた!ランナーを見れば一目瞭然! 上から頭部、胸部、腕部...と上から順番に組み立てるだけで、 直観的に組み立てられる構造になっているのです。

続いて背面に取り付けるフライトユニット。
バンダイ 30mm

30分あれば組み立てられる簡単なパーツ構成• 私が買ってきたのはこの2つ 黄色の機体をチョイスしました。

15
ただヒンジのみで固定するので将来的には補強が必要になったりするかも。