グラクロ 73 話 攻略。 【グラクロ】第72話「【暴走】ヘンドリクセン戦(1戦目)」の攻略とおすすめ編成

話 攻略 73 グラクロ

全キャラの評価や最強キャラランキング、超ボス戦や殲滅戦、高難易度ステージの攻略情報など、七つの大罪アプリの様々な最新情報をお届けします。 まずは『スキル使用回数1回増加』の特殊戦技を持ったゼルドリスをメリオダスとエスタロッサの攻撃スキルで最初に倒しましょう! 敵の次のターンの動きが、攻撃スキルが複数ある場合はゴウセルの《攻撃封じ》で妨害しましょう。

19
コメント 名前• 攻略のポイントやおすすめキャラなどをご紹介していきますので、攻略の参考にしてみてくださ … グラクロ 七つの大罪グランドクロス の攻略サイトです。
話 攻略 73 グラクロ

アイテムの集め方• 七つの大罪 グラクロ の「記憶の意味」赤ゴウセル戦攻略をまとめました。 状況を確認しヤメ。 結果は… 無残な結果に。

1
高難度クエスト攻略• -354枚 ここまでメダルの払い出しの少ない中で0枚にならなかったのは落ちが良かったからと判断。
話 攻略 73 グラクロ

超ボス戦攻略• 結果は… なかなかJCには行けず。

また《攻撃スキルのみ使用可》のデバフも付与できるため、グロキシニアにも非常に有効です。 ランキング• その他お役立ち情報• , 【三節棍】冒険家 バン:両スキル攻撃スキルで、ランクダウンで敵の火力を下げることが出来る。
話 攻略 73 グラクロ

敵は攻撃スキルが多いため、攻撃スキル使用不可スキル持ちを編成するのもいいだろう。 初心者向け攻略情報• ランクアップスキルでアタッカーの火力補助もできる上、必殺技も全体を対象としたもので強力です。 そんなこんなでボール落下。

17
スロットは揃うことなくボール落下。 , ヘルブラムのスキル2以外は、フラウドリンにデバフを付与されても行動することができます。
話 攻略 73 グラクロ

全キャラの評価や最強キャラランキング、超ボス戦や殲滅戦、高難易度ステージの攻略情報など、七つの大罪アプリの様々な最新情報をお届けします。

, また、必殺技は強力な単体攻撃となっていますので、受けてしまうとほぼ確実に1体旅立ってしまいます。 ゼルドリスを残してしまってどちらかを先に倒してしまった場合は、1ターンに3回スキルを使用されますので注意が必要です。
話 攻略 73 グラクロ

回復が欲しい場合は【看板娘エリザベス】がオススメです。 <スポンサーサイト> 【グラクロ】173話(遥か昔の怨念)の適正キャラ おすすめキャラ おすすめポイント 【憤怒の騎士】 メリオダス ・編成必須キャラ ・アタッカーとして最適 【創造】 ディアンヌ ・防御面がトップクラス ・特殊戦技で敵のヘイトをとれる 【魔神族の精鋭】 エスタロッサ ・構えでデバフを無効化 ・アタッカーとして適任 【黒幕の指揮者】 リリア ・回復役として活躍 ・必殺ゲージ減少スキル持ち 【傲慢の罪】 エスカノール ・攻撃力がトップクラス ・アタッカーとして活躍 【復讐の鬼】 ヘルブラム ・必殺ゲージ減少スキル持ち ・アタッカーとして使える 【グラクロ】173話(遥か昔の怨念)攻略パーティ例 それぞれの属性が登場するため特に決まった属性を連れていく必要はない。

4
あえて続行する理由がないためここでヤメ。
話 攻略 73 グラクロ

【グラクロ】173話(遥か昔の怨念)の基本情報 必須キャラ メリオダス系 闘級 145000 属性 速力 攻撃力 10738 防御力 3512 HP 186150 特殊戦技 ・スキル使用回数増加 ・行動不能デバフ無効化 ・反撃で受けるダメージが減少 ・攻撃すると対象の必殺ゲージを1つ奪う スキル名 効果 切開 単体の敵に攻撃力の160%の致命ダメージを与える 速攻 すべての敵に攻撃力の150%の絶望ダメージを与える 無慈悲な刃 単体の敵に攻撃力の560%の致命ダメージを与える 【グラクロ】173話(遥か昔の怨念)の攻略ポイント ゼルドリス優先処理 ゼルドリス、ドレファス、グロキシニアが登場するクエスト。 , 今回のフラウドリンの必殺技はかなり強力な単体攻撃なので、できれば必殺技は使用させないほうが良いです。 そして、10分で金玉落下。

5
あらかじめご了承ください。 特に厄介なのがグロキシニア特殊戦技で、グロキシニアに攻撃された味方は、スキルをランダムで消されてしまいます。
話 攻略 73 グラクロ

, 前回のフラウドリンとは属性もスキルも変わっていますので、変わった対策が必要となってきます。

殲滅戦攻略• 「【最終形態】ヘンドリクセン戦 1戦目 」の攻略とおすすめ編成 目次• 「無限」大魔術士 マーリン マーリンはランク1の状態から全体を対象とした《ランクダウン》スキルを使用することができます。