89 歳 第 一 生命。 19億円を不正詐取した第一生命の89歳・元営業職員は、山口銀行の“女帝”だった(Business Journal)

生命 第 89 歳 一

19億円詐取事件の焦点は第一生命保険が組織としてどこまで知っていたのかという組織関与と、この問題が山口銀行(山口フィナンシャルグループ)に飛び火するかであろう。 中国新聞デジタル(10月19日、7:30配信)。

「私も会社からは何も言われていませんが、上司が『この件でお客さんが二の足を踏んでいるようだったら教えてくれ』と言われました。
生命 第 89 歳 一

第一生命は6月に顧客から連絡を受け、調査後の7月3日付で職員を解雇。

15
同じ顧客へ短時間に何度も電話したり、つじつまの合わないことを言ったりする不審な行動も18年6月以降にみられたという。 これを受けて、山口銀行は北九州銀行を新たに設立した。
生命 第 89 歳 一

山口銀行からの連絡後、元社員、勤務地の第一生命の徳山分室の同僚、勧誘された取引先らに、本来は存在しない特別枠を銘打った営業があったかなどを聞き取った。 女性は保険の営業社員として、本社の適性判断を受けて契約を毎年更新される立場だが、不審な情報が見過ごされ続けた。 地元の銀行員たちは「小説と謳っているが、実はノンフィクションではないのか」と囁きあった。

20
FNNプライムオンライン 第一生命の89歳の元生保レディが、顧客からおよそ19億円を不正に集めていた問題で、被害者が賠償を求めて東京地裁に調停を申し立てた。 19億円という金額もさることながら、生保レディーの年齢が89歳と聞いて、腰を抜かした人が多かった。
生命 第 89 歳 一

同社によると、元職員は山口県を拠点に50年以上保険販売に携わってきた。 第一生命は銀行からの確認をもとに調査に乗り出したが、銀行や顧客も含めた全ての関係者が特別枠を用いた営業の存在を否定。 北九州には地元の銀行がなく北九州支店の廃止論が出ていた。

生命 第 89 歳 一

話のスケールが違いすぎるので自分からは話しませんけど。

山口県下の書店ではあっという間に売り切れるほどのベストセラーになった。 弁護団は、電話やメールによる窓口を設け、被害者からの相談を受け付けることにしています。
生命 第 89 歳 一

第一生命の80代生保レディが不正 第一生命の80代の生保レディが不正に19億円の現金を集めていたということで各社が速報しております。 第一生命に50年以上勤務していた89歳の女性社員が、顧客から不正に金を集めていたとして刑事告発され、きのう17日(2020年11月)、被害者の弁護団が結成された。 元社員は全国でも指折りの販売実績を持つ「優績者」で、役員のような個室を保有。

10
銀行が取引先に生命保険会社を紹介するだけなら問題はないが、取引先へ山上を同伴して勧誘したり、業況の悪い企業に対して保険料ローンを組んで保険に加入させるなど、保険業法に違反するとみられるような勧誘が繰り返されるようになった。 「どうやればあれほど売ることができるのか、信じがたいほど契約をとってきた。
生命 第 89 歳 一

山口県周南市で起きた第一生命の巨額詐取事件は、被害者弁護団も結成され、少しずつ、「女帝」と呼ばれた老女の素顔も見えてきた。 キャスター近藤春菜(お笑い芸人)「長い間、言葉巧みにやっていたんでしょうね」 司会の加藤浩次「会社のチェック機能はどうなっていたのでしょうか」 阿部祐二リポーター「社内でも、異議を唱えられない神格化された存在だったようです。

18
山口県警に詐欺容疑で刑事告発した。
生命 第 89 歳 一

80代で正社員って事は、社内でもアンタッチャブルな人材だったのでしょうね。 定年上限の80歳以降も「(顧客の)引き継ぎが難しい」との理由で、社内唯一の「特別調査役」の役職を与えられていた。

20
まもなく90歳になろうかという元保険の外交員が起こした驚きの不祥事ということで多くの方が驚いております。
生命 第 89 歳 一

10年以上前から今年4月末までに、少なくとも顧客21人から19億円を不正に詐取。 しかし、チェック体制は長年に渡り、全く機能してなかった訳か? 89歳 詐欺容疑で告発された第一生命の生保レディが89歳だったということがわかりました。

元職員への優遇ぶりは際立つ。 今後は県警の捜査が入り詳しい動機などの解明が進むと思われます。