可塑 剤。 LC/MSで観測される可塑剤由来のバックグランドイオン | 小平市の質量分析 コンサル・セミナー

剤 可塑

ある可塑剤は製品の耐寒性、難燃性、防カビ性、帯電防止性、耐湿性等を同時に向上させる。 また帯電防止性や難燃性などの機能を付与する「特殊可塑剤」を提供しております。

17
性能バランスが良い汎用の可塑剤で、広範囲の軟質製品及び製品に使用される。 ただ、近年はDEHPと似たフタル酸ジイソノニル(DINP)の比率が増えています。
剤 可塑

Phosphate 難燃性を持たせる可塑剤で、製品にも使用される。

11
この現象を専門的には可塑化と呼んでいます。 可塑剤として使用される化合物は数千種あり,化学構造によってフタル酸エステル系、脂肪族二塩基酸エステル系、リン酸エステル系、 亜リン酸エステル系、脂肪酸エステル系、ポリエステル系、エポキシエステル系、フェニルアルキルスルホネート、塩素含有可塑剤、ポリオールエステル系、トリメリテート系及び塩素含有化合物等に分けられる。
剤 可塑

可塑剤のほとんどは、酸とアルコールからなるエステルです。

15
可塑剤は可塑剤の分子が高分子ポリマーの分子鎖の間に挿入し,ポリマーの分子鎖間の引力を削減し,つまり分子鎖間の凝集作用を削減し,分子鎖間の移動性、柔軟性を向上させ,これにより可塑性を向上させるということを通してその可塑作用を果たす。
剤 可塑

と言って、バックグランドイオンを完全にゼロにする事は不可能です。 可塑剤にはたくさんの種類がありますが、酸としてフタル酸を使用する可塑剤を「フタル酸系可塑剤」、フタル酸以外の酸(例えばトリメリット酸、シクロヘキセンジカルボン酸、アジピン酸など)を使用する可塑剤を「非フタル酸系可塑剤」として大別しています。

12
詳しくはをご覧下さい。
剤 可塑

脂環エポキシ基の他にエポキシ基を複数有することが特徴です。 加工性に優れた耐寒性可塑剤です。

11
たとえばポリ塩化ビニルに可塑剤を入れると、ポリ塩化ビニルと溶け合って材料を軟らかくするもので、その添加量によって硬軟を自由に調節することができる。
剤 可塑

可塑剤の生産量に占めるフタル酸系の割合 出典:フタル酸系、アジピン酸系/可塑剤工業会,リン酸系、エポキシ系/経済産業省生産動態統計 可塑剤には塩ビ樹脂とよくなじみ(相溶性)、最少量で必要な軟らかさを実現でき(可塑化効率)、空気中に揮散しにくく(低揮発性)水へ溶け出したり他素材に移行しない(低移行性)などの性能が要求されます。 耐熱・耐候性に優れた低揮発性の可塑剤で、耐熱被覆や用等に使用される。

4
解説 [ ] 一般に熱可塑性樹脂は温度を持ち、この温度以下では分子配列が秩序だった結晶性を示し、この温度からまでの温度帯では分子配列は状態である。
剤 可塑

スポンサーリンク 耐寒性、低温柔軟性 一般的に樹脂、可塑剤とも低温環境では硬くなる傾向がある。

2
可塑剤に必要とされる基本的な物性として、分子量と沸点が挙げられます。 様々なプラスチック樹脂、合成ゴムへの機能性を付加し家庭生活で身近な食品包装用フィルム、床材、履物、ホース、インキゴム手袋、食缶等様々な用途に使われています。
剤 可塑

その主要なものがフタル酸系です。

15
とは言え、無条件に毎回使う度にキャリブレーションするのではなく、今この装置がキャリブレーションを必要としている状況なのか否かを、 DOPの様な既知のバックグランドイオンを見て判断しています。 可塑剤の種類と使われ方 可塑剤にはフタル酸系、アジピン酸系、リン酸系、トリメリット酸系など数多くの種類があり、20~30種類の可塑剤が一般的に使われています。