Iss 議決 権 行使 基準。 議決権行使助言会社とは・意味

権 Iss 行使 基準 議決

議決権行使助言会社のISSの2019年日本向け議決権行使助言方針の改訂点は「社外役員の独立性判断基準への株式持ち合い関係の追加」である。 「社外取締役選任基準」とは別に、最近は「社外取締役行動規範」を策定する上場会社も散見されますが、こういった「行動規範」をきちんと策定して自社の態度を明確にすることもひとつの対策になるかもしれません。 今回の意見募集結果を受けて、ISSでは正式に助言方針の改訂を行う予定ですが、結果を踏まえると、多少の変更はあっても、基本的には改訂案の内容が反映されると予想されます。

これ自体はなんら珍しいことではないのですが、このレポートの中で、ISSが現経営陣営と対立する取締役候補者の議案を分析する際の視点が書かれています。
権 Iss 行使 基準 議決

それに比較して子供のいる女性は、真面目にテレワークで集中して効率的に仕事をしているように思えます)。

19
ISSは現在、自社の社外役員に対する独立性基準を、一部を除いて日本企業には適用していないことから、この改定が取締役選任の賛成比率に与える影響は低いと推察される。 ただし、多様性というのは、一般的に考えられる年齢、人種、性別、民族だけでなく、市場に対する知識、在職期間、文化などの様々な要件が含まれるとしています。
権 Iss 行使 基準 議決

【改定項目と適用開始時期】 改定項目 適用開始時期 ISS (1)指名委員会等設置会社および監査等委員会設置会社の取締役会構成要件の厳格化 2019年2月 (2)買収防衛策における総継続期間要件の導入 2018年2月 グラス・ルイス (1)グループ会社内での役員兼務社数のカウント方法 2018年2月 (2)女性役員の登用 2019年2月 (3)買収防衛策導入・更新時の取締役会の独立性 2018年2月 (4)剰余金配当等の決定機関に関する定款変更 2018年2月 ISS (1)指名委員会等設置会社および監査等委員会設置会社の取締役会構成要件の厳格化 2019年2月から、指名委員会等設置会社および監査等委員会設置会社において、取締役の3分の1を社外取締役とすることを求め、株主総会後の取締役会に占める社外取締役の割合が3分の1未満である場合、経営トップ(通常、社長および会長を指します)である取締役選任議案への反対を推奨する。 8月5日にリリースされた大和総研リサーチによりますと、議決権行使助言最大手のISSが、日本の上場会社向けのローカルルールにおいて、上場会社に対して厳しい基準改訂を検討しておられるそうです。

グラス・ルイス (1)グループ会社内での役員兼務社数のカウント方法 2018 年2月から、上場グループ会社(原則: 連結子会社と持分法適用の関連会社など)において、取締役または監査役を兼務している場合、その上場しているグループ会社を個々に数えるのではなく、 グループとして1社と数える。
権 Iss 行使 基準 議決

現在の日本のコーポレートガバナンスの状況で社外取締役の独立性を重視しすぎると、企業が資質ではなく独立性の確保に過度に注力し、弁護士、会計士、学識経験者などマネジメント経験の少ない人物のみに社外取締役への就任を求めることにつながりかねず、取締役会の多様性の観点から、社外取締役全員がそのような人物のみで占められることは望ましくないとしています。

1
。 従来政策保有株式と議決権行使を関連付けることは難しいと考えられていたが、今回の助言方針改定を受け、機関投資家でも同様な議決権行使助言方針を採用するかどうかが注目される。
権 Iss 行使 基準 議決

2000年から2007年まで金融機関に勤務。 議決権行使助言会社は、株主総会における議決権を行使することで、投資先企業のガバナンス強化を図ったり、企業や産業の直面する課題解決を目指したりしている一方、上位2社による寡占状態にあり、その助言内容の透明性を求めたり、こうした企業を利用しない動きなども出てきています。

9
今年の定時株主総会の動向などをみておりましても(先日の東芝でもそうでしたが)、日本では議決権行使助言会社の影響力はますます高まっているものと思われます(機関投資家の議決権行使結果・理由の開示制度が運用されるようになって、さらに強まったのではないかと)。
権 Iss 行使 基準 議決

本改定では、取締役会の独立性は過半数とし、この基準を満たさない場合、原則として買収防衛策議案に反対助言とすることとしています。 本改定は、第1段階に総継続期間に関する形式基準を追加する ものであり、第2段階の個別評価のアプローチを変更するものではありません。

19
ISSのライバルが複数出現することを望みます。
権 Iss 行使 基準 議決

参考サイト• , LLC)が、それぞれ 2018年以後の議決権行使助言方針の改定について公表していますので、以下でご紹介します(本特集の内容は、英語版の議決権行使助言方針を当社が仮訳したものに基づいています)。 結果は、純資産または株主資本の10%を基準とするべきという意見が最多となっています。

18
この助言方針の改定による新しい基準を含めた第1段階の形式基準を満たした場合に限り、第2段階の評価を行う。 出所:ISS 2020-global-policy-survey-summary-of-results 今後の企業側の対応 以上がISSの助言方針の改訂案に対する意見募集の結果です。