仏 の 顔 も 三 度 まで。 仏の顔も三度まで…を仏の笑顔も三度まで…と指摘してきた人がいましたが仏の笑...

の 顔 も まで 仏 三 度

その時に王も死亡」と云う、結構、洒落にならない伝説が語源との説も有る。

16
「仏の顔も三度まで」では、仏は顔に何をされたか? ここで気になるのが、顔も三度まで、というのは具体的に何をされてしまったのかという事です。
の 顔 も まで 仏 三 度

「まで」がつくと意味も少し変わってしまいます。 さらに3度目も同じことが繰り返されるのですが、とうとう4度目には「もともとの原因は釈迦国にあるのだ。

2
このことわざのエピソードは、そもそもは仏陀(ブッダ)、つまり お釈迦様をめぐる古代インドの出来事に源があるとされるのです。
の 顔 も まで 仏 三 度

なぜ、「まで」を付けるようになったのかについては、三度ということを強調するためではないだろうかと言われています。 「兎も七日なぶれば噛み付く」も類語 「兎も七日なぶれば噛み付く」ということわざも、類語に当てはまります。

仏様(お釈迦様)は、名をゴータマ・シッダールタといい、今のインドの一部である釈迦(シャーキャ)国という小国の王子として誕生しました。
の 顔 も まで 仏 三 度

しかし「三度まで」とすると「三度目までは許してもらえる」というようになってしまうのです。

20
現在使われていることわざはこの話がもとになっていて、ことわざの中にある三度まで、という回数はこれが由来になったといわれています。 というお話が、「仏の顔も三度まで」の語源になっています。
の 顔 も まで 仏 三 度

「地蔵の顔も三度」は仏から地蔵に変化しただけで、聞いたことがない人からすれば、間違っているように捉えられますね。 修行者の邪魔をしてはならないという戒律があったので止めに入ったのです。

9
「温厚な人」を「仏」ではなく「地蔵」で表しています。 そんな昔にも、この手の言葉が日常的に使われていたなのかもしれません。
の 顔 も まで 仏 三 度

「どれだけおとなしい性格の人でも、我慢の限界がくれば怒る」という意味があり、「おとなしい性格」を「兎」で表しています。 仏様(お釈迦様)は、名をゴータマ・シッダールタといい、今のインドの一部である釈迦(シャーキャ)国という小国の王子として誕生しました。 もともとは「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」というのが正式な形で、「仏の顔も三度」が略された形になります。

14
これもつままれたことでミミズが怒っている事を伝える言葉です。 この「仏の顔も三度撫でれば腹立てる」では三回目には怒っています。
の 顔 も まで 仏 三 度

怒った王子様は従者に「俺が王になった暁には、1日に1度、必ず俺に『あの時の屈辱を忘れたか?』と言え」と命令。 みんなわたしが悪いんですから。

8
ここら辺は、いろいろと紛らわしいところですが・・・ 「仏の顔も三度まで」例文・使い方. いくら子供でも、いたずらは、仏の顔も三度だよ。 もし三度までは大丈夫と思って行動してきた人は考え方を改め、身の回りにいる仏のような人が怒り出さないような行動を心掛けましょう。
の 顔 も まで 仏 三 度

なぜなら「仏の顔も三度(まで)」は「仏の顔も三度撫でれば腹立てる」を省略したものだからです。

19
最後になりましたが、「仏の顔も三度まで」の類語と英語表現をご紹介しますね。