松山 税務署 確定 申告。 松山税務署で確定申告相談する | 税務署確定申告相談会場一覧2021 住所から管轄税務署の確定申告会場一発検索

申告 松山 税務署 確定

令和2年分の確定申告の確定申告会場の相談受付は9時から16時までです。

5
その他、確定申告会場ご利用上の注意• そのため、納税者サイドとしては、調査官の目線に立って青色申告決算書を作成することが肝要だ。
申告 松山 税務署 確定

とはいえ、そもそも確定申告書は、所得税を申告する人(または依頼された税理士)が自分で作成するものです。

3
というのも、納税者があちこちの税務署に質問をして、都合の良い回答だけを抽出して言質を取ることがあったからです。
申告 松山 税務署 確定

ご注意ください。 土・日・祝日等については、2月21日(日曜日)及び2月28日(日曜日)のみ、電話相談を行っております。 特に、扶養控除を適用する際の被扶養者のマイナンバー情報は忘れないように注意しましょう。

9
押印不要にするように検討しているようです。 ・税務署から送付される年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書 ・給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書 ・ 3 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書 を勤務先に提出する必要があります。
申告 松山 税務署 確定

電話越しの相談になるので、書類を見せながらの相談というわけにはいきませんが、口頭確認で済むような内容であれば、電話相談でもよいかもしれません。 まずは何を質問したいのかという要点をあらかじめまとめたうえで相談に行くようにして、相談の時間のムダを省くように協力しましょう。 <目次>• この場合の保険料は「一般の生命保険料」、「介護医療保険料」及び「個人年金保険料」に区分されます。

また、入場整理券の配付状況に応じて、後日の来場をお願いすることがあります。 ケイタイで、確定申告ができる世の中になったのですね。
申告 松山 税務署 確定

マイナンバー情報 番号確認書類・身元確認書類 これも意外と多いです。 また、納税を伴う場合でも、確定申告するのが漏れていて、期限後でも提出したいということもあり得ます。

17
といったことです。
申告 松山 税務署 確定

この「入場整理券」は当日会場で配布するほか、国税庁のLINEアカウントから事前に日時を含めて予約できるようになっています。

8
給与所得、退職所得及び公的年金等の源泉徴収票• 期限が延長される申告・納付、申請等の手続、延長されないものの詳細につきましては、でご確認ください。
申告 松山 税務署 確定

寄附金控除の証明書• 税額控除関係• 国税の窓口納付、振替納税以外の納付方法 納付方法 納付方法の説明 ダイレクト納付 e-Taxによる簡単な操作で預貯金口座からの振替により納付する方法 電子納税 インターネットバンキングやATM(ペイジー)を利用して納付する方法 クレジットカード納付 インターネットを利用して専用のWeb画面から納付する方法 コンビニエンスストア納付 納付に必要な情報が入ったQRコードを作成して、コンビニエンスストアの端末から納付書を出力し店頭で納付する方法 申告に関するお問い合わせ先 (お電話のおかけ間違いにご注意ください) 県内税務署一覧 名称 所在地 管轄区域・TEL 和歌山税務署 〒640-8520 和歌山市二番丁3 和歌山地方合同庁舎 和歌山市全域 073-424-2131 海南税務署 〒642-8555 海南市名高255の4 海南市・海草郡全域 073-482-0900 御坊税務署 〒644-0002 御坊市薗430番地の3 御坊市・日高郡全域 0738-22-0695 田辺税務署 〒646-8510 田辺市上屋敷二丁目10番46号 田辺市・西牟婁郡全域 0739-22-1250 新宮税務署 〒647-0012 新宮市伊佐田町二丁目1番地20 新宮市・東牟婁郡全域 0735-22-5261 粉河税務署 〒649-6592 紀の川市粉河807 橋本市・紀の川市・岩出市・伊都郡全域 0736-73-3301 湯浅税務署 〒643-0004 有田郡湯浅町湯浅2430-76 有田市・有田郡全域 0737-63-5351 (注意)所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税、贈与税の確定申告に関するお問い合わせは、お住まいの地域を管轄する上記税務署までお願いします。 国税庁の税務署は各地にありますが、住所によって管轄が決まっているので、指定の税務署で正しく確定申告・税務申告を行い、正しく納税しましょう 松山税務署で確定申告書の書き方を無料相談できる場合がある!•。 普段から確定申告書を提出する管轄の税務署にかけるクセをつけておいたほうがよいでしょう。

そもそも確定申告は納税者の責任において行うものだという意識をもつべきです。