シンキング シティ 評価。 The Sinking City エンディングネタバレ 解説 【シンキングシティ】

評価 シンキング シティ

単純にオブジェクトを調べるだけではなく、チャールズ・リードは幻覚症状を持つと同時に、奇妙な能力を使えるのだ。

12
現場には混沌から来た化け物も潜む。
評価 シンキング シティ

同作によれば,インスマスに手入れがあったのは1928年2月のこと。

ただ、 敵の種類が基本4種類しかおらず、この点が非常に残念でした。
評価 シンキング シティ

この街は港や繁華街、工業地帯、住宅街など、さまざまなエリアを擁しており、オープンワールドゲームとして自由に探索できる。 ゲームプレイに慣れてからのオープンワールドの無意味化• グランドファミリー オークモントでは,グランドファミリーと呼ばれる,ブラックウッド家とスログモートン家,カーペンター家の3つの一族が顔役として権勢を振るっているという設定だ。 この街では不自然な水位上昇が発生しており、危機的な状況を迎えつつある。

4
しかし結局のところ、自由なゲームプレイを予感させながら、世界観の体験に限界がくるため、広大な空間は空虚に変わってゆくのである。 この街を作り上げるにあたってFrogwaresは専門家を雇い、1920年代当時にあった実際の建物の様式など、その雰囲気をできるだけリアルに再現することに努めたそうだ。
評価 シンキング シティ

単調になり、世界の広がりが弱まる。

16
ダークなムードの中、狂気に陥る感覚を制御するゲームプレイはまたとないもの。 ・悍ましきワトスンの恐怖! アドベント西地区の電話ボックス横の壁には, 「シャーロック・ホームズ 這い寄るワトスンの謎:Sherlock Holmes MYSTERY OF THE CREEPY WATSON」と題するベストセラー小説のポスターが貼られている。
評価 シンキング シティ

街の住人は一様に浸水被害に悩んでいるようだが、より密に接してみると住人はどこか様子が変なのだという。 髭剃り中の自分の頰にタコやイカの足のようなものが生えてきたり、水没した都市で何者かに襲われたりするなど、幻覚に苛まれるシーンがそれにあたる。 またテキストも豊富で色々読み込むことができました。

1
内容としてはH. この街は元々,近隣の土地では嫌われているインスマスと,例外的に交流を保ってきたところであるらしい。 たたビデオゲームは小説や映画よりビジュアルやシナリオの情報量が膨大なため、世界に入り込んでいると一時的に錯覚させているに過ぎない。
評価 シンキング シティ

『The Sinking City』の舞台は1920年代のアメリカ。 では,ゲームのオリジナル要素なのかというと決してそうではない。

8
街でさまざまな人種や団体が行きかうようだが、ゲームプレイによって掘り下げられることはない。 comというにおいて,熱心なファンが様々な神話作品を比較・解析してある程度の語彙を特定することに成功し,辞典として公開している。