やまと 尼寺 まっちゃん ブログ。 「やまと尼寺精進日記」みんな、いくつ?

尼寺 まっちゃん ブログ やまと

密榮さんは音羽山観音寺のご住職です。 春の到来を控え、展望台までの道を整備するのだ。 まだ30過ぎでね、小柄やし、(頭が)つるつるでね。

4
・・・が、山道って登りよりも下りの方がコワイんですねー(泣) 急な下り坂を降りる下り坂がめちゃくちゃ怖かった。
尼寺 まっちゃん ブログ やまと

尼寺~暮らしのペースは変わらず 番組放送によって人気が出てきた音羽山観音寺。

5
慈瞳さん、まっちゃんの下山のシーンは取材してるでしょうね。
尼寺 まっちゃん ブログ やまと

パサついたり白髪が混じったり薄くなったりすれば、年齢も上に見られがち。

11
それだけでもあの尼さんたちは純粋に「精進」できるような気がします。 ただし時間的に忙しくても、心にゆとりがあれば精神的に「のんびり」が可能だとは思いますが。
尼寺 まっちゃん ブログ やまと

出演者 『やまと尼寺 精進日記』の出演者についてです。 料理を作ることを番組のメインに描きつつ、彼女たちの普段の生活の様子も紹介されていて、都会から距離を置いた田舎での暮らしぶりは私の目に新鮮に映ります。 今年の春はいつもと違うから、群衆は避けなければなりませんね。

観音寺の場合、一般のお寺(檀家のある)と違い、「お墓じまい」とか「無縁仏」とかという現代のお寺と檀家との間に生じる問題はないでしょう。 母は加勢に行っていました。
尼寺 まっちゃん ブログ やまと

関西では古くから 棒状のお餅はねこ餅として親しまれ 形状が猫のように長く まろやかな丸みのある形になっていると共に お餅の先端が猫の手のような 形を連想させるあたりから ねこ餅と称されたと思われます - 『芭蕉堂』さんというお店の商品説明にはこのように書かれています。

19
NHKのwebサイトにも「NHKドキュメンタリー - やまと尼寺 精進日記 [終]『弥生 桃のお茶会 春はこぶ』」と、[終]の表示があります。 手づくりスローライフは、明日も続く。
尼寺 まっちゃん ブログ やまと

最もこちらはあくまでも観光客的な視点ですが。 大きなアルミ鍋、竹ざる、懐かしい型の電子レンジにストーブなど、どれも大事に使われている様子がうかがえます。 しかしどう考えてもいまの観音寺の方々の様子は、スローライフと呼ぶにはちょっと忙しすぎるのかもしれないと感じていました。

15
番組内容 [ ] の山中にある尼寺・の日々の生活と訪問者との交流、そこで作られるを紹介する番組。 7年ほどお寺のお手伝いをしている方です。
尼寺 まっちゃん ブログ やまと

。 卒業後は何年か大学職員として働かれてから、本格的に高野山専修学院に通い始めたようです。

4
学校の家庭科でも、自由な発想で料理を作らせる機会があれば、けっこう面白いと思うのだけれど。 つき直したお餅を輪切りにして(その様子は放送されていません)、暖炉のそばに置いて乾燥させて(ここも未放送)、それを今度は手で小さく砕いてから、油を多めに入れた底の厚めなフライパンに入れて揚げていました。
尼寺 まっちゃん ブログ やまと

自然を食べる術が学べる お寺には麓の人たちからいろいろな野菜や果物が届きます。 まっちゃん まっちゃんは、32歳のお寺のお手伝いさん。

10
真面目なお話になりそうだけど、慈瞳さんの豪快キャラも見たいなあ…という希望^^。
尼寺 まっちゃん ブログ やまと

いったい何が面白いのか? 放送開始当初、偶然目にしたこの番組。 個人的には、まっちゃんの下山は慈瞳さんが下山するなら…と誘発されたような気もします。 今後、観音寺でどこまで勤め上げることができるかを考えても不安の方が多い気がします。

CG制作 - いよりさき• それからの音羽山観音寺、ご住職が一人のお寺の暮らし〜下山のこと、それからの二人のことなど、いつか良いカタチでまとめて欲しいですね。 慈瞳さんにお逢いできて、ますます早く観音寺に行きたくなった私たちは急いでお寺を目指したのですが。