個人 情報 保護 法。 個人情報保護法改正(2020年)

情報 保護 法 個人

4 (略) 4 (略) 5 第一項から第三項までの規定は、当該本人が識別される個人データに係る第二十五条第一項及び第二十六条第三項の記録(その存否が明らかになることにより公益その他の利益が害されるものとして政令で定めるものを除く。 外国人の情報• 一 第三者への提供を行う個人情報取扱事業者の氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては、その代表者(法人でない団体で代表者又は管理人の定めのあるものにあっては、その代表者又は管理人。 比較表が完成に近づいてきたので(おそらく永遠に完成しませんが)、比較結果を簡単にまとめようと思います。

第三者への提供について• ネット上でプライバシー権侵害を受けた場合には、侵害行為を行った投稿者に対して、直接プライバシー権侵害にもとづく損害賠償請求をすることができます。 認定個人情報保護団体の業務範囲 新 旧 (認定) 第四十七条 (略) 2 前項の認定は、対象とする個人情報取扱事業者等の事業の種類その他の業務の範囲を限定して行うことができる。
情報 保護 法 個人

金融庁が個人情報保護法に基づく初の改善勧告。

11
)に提供した場合には、個人情報保護委員会規則で定めるところにより、当該第三者による相当措置の継続的な実施を確保するために必要な措置を講ずるとともに、本人の求めに応じて当該必要な措置に関する情報を当該本人に提供しなければならない。 情報公開・個人情報保護審査会設置法• 8~10 (略) 現行法では、保有個人データとは、個人情報取扱事業者が、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(以下「開示等」といいます。
情報 保護 法 個人

プライバシー権侵害や誹謗中傷行為は、民法上の不法行為(民法709条)となるからです。

14
情報化社会の進展とプライバシー問題の認識が進んだこと• 保有個人データの開示を求められたときは、遅滞なく開示を行い、内容に誤りがあるときは、本人からの求めに応じて、訂正、追加、削除を行ってください。 )である場合は、この限りでない。
情報 保護 法 個人

その後、情報通信技術の発展や事業活動のグローバル化等の急速な環境変化により、個人情報保護法が制定された当時は想定されなかったパーソナルデータの利活用が可能となったことを踏まえ、「定義の明確化」「個人情報の適正な活用・流通の確保」「グローバル化への対応」等を目的として、平成27年9月に改正個人情報保護法が公布され、平成29年5月30日に全面施行されました。 個人情報を第三者に提供する場合の制限(第23条~第26条)• その例として、条文では当該情報に含まれる「氏名」、「生年月日」、「その他の記述」が該当するとなっています。 保有個人データを利用目的の制限や適正な取得の義務に反して取り扱っているとの理由で利用の停止、又は、消去を求められた場合は、違反の是正に必要な限度で利用の停止や消去を行ってください。

4
12 施行• ただ、GDPRとCCPAでは、単体で個人を直接識別できない情報(クッキーやIPアドレス)について、世の中の何らかの追加情報(例えば会員情報)と組み合わせて個人の特定ができると考えられるような場合は個人情報扱いになるのに対し、日本では個人情報と容易に照合できる場合のみ個人情報扱いになる。 利用目的の公表・通知、開示、訂正、利用停止等(個人情報保護法27~30条) 個人情報取扱事業者は、保有個人データの利用目的、開示等に必要な手続、苦情の申出先等について本人の知り得る状態に置かなければなりません(個人情報保護法27条)。
情報 保護 法 個人

この法律は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることに鑑み、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の適正かつ効果的な活用が新たな産業の創出並びに活力ある経済社会及び豊かな国民生活の実現に資するものであることその他の個人の権利利益を保護することを目的とする。 同法は、基本理念等を定める第1章から第3章と、民間事業者の個人情報の取り扱い等、具体的な義務を定める第4章以下に分かれています。 令和2年 2020年 7月22日更新 個人情報保護法の概要 個人情報保護法とは? 「個人情報の保護に関する法律」(以下「個人情報保護法」といいます。

19
・通則編 ・外国にある第三者への提供編 ・第三者提供時の確認・記録義務編 ・匿名加工情報編 個人情報保護法に関する基本事項はこれらのガイドラインに大体書いてあります。
情報 保護 法 個人

「本人の人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪の経歴、犯罪により害を被った事実その他本人に対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないようにその取扱いに特に配慮を要するものとして政令で定める記述等が含まれる個人情報」(個人情報保護法2条3項) 従来から問題とされていたのは、どんな宗教を信仰しているか、過去にどんな犯罪行為を行ったかなどの情報は、その取扱い方によっては本人に不等な差別や偏見を生む可能性があるということです。

14
すでに取得した個人情報をほかの目的で利用する時は、本人の同意を得る 主にこれらが義務化されています。 具体的には、「個人情報の適正かつ効果的な活用が新たな産業の創出並びに活力ある経済社会及び豊かな国民生活の実現に資するものであることその他の個人情報の有用性に配慮しながら、個人の権利利益を保護すること」が目的とされています。