慈しむ 意味。 慈しむの意味,読み方,対義語,類義語,慣用句,ことわざとは?

意味 慈しむ

基本的には可愛がる、大切にするというような意味もあるのが「慈しむ」です。 また、可愛がるというところもポイントです。 慈しみ深い気持ち 慈しみ深い気持ちという表現もあります。

8
慈しみは基本的に「下の人達に対しての愛情」という意味がありますがこちらの愛着というのは「どんな物に対しても離れたくないという気持ちがある」ということになるのです。 私たちが日常でひんぱんに使うのは「好き」という言葉でしょう。
意味 慈しむ

人により愛情という捉え方が違いますが、いずれは「慈しみ」という感情に誰もがなるものだと思うのです。 55件のビュー• 愛心というのは相手のことを愛する心を持つということで、漢字をそのままの意味にしたような意味も持っています。 ではどの様な類語があるのか見てみたいと思います。

などの例文で使用できます。 「慈しむ」の読み方 「慈しむ」とは「いつくしむ」と読みます。
意味 慈しむ

仮にこの言葉を根上の人に対して言うのであれば、間違われた解釈で取られてしまうということにでもなります。

これを「慈しみ」に例えて説明をすると「深い慈しみ」となった時に「慈しみ」という言葉が連用形になるということです。
意味 慈しむ

「慈 マイトリー 」とは他者に愛を注いで楽を与えること、 「悲 カルナー 」とは他者の苦悩に共感して苦を取り除くことを意味しています。

3
この場合は親の立場ではなく、慈しみを受け取る「自分」ということになりますね。 において 慈悲(じひ)とは、他のに対してを与え、を取り除くこと()を望む心の働きをいう。
意味 慈しむ

なさけ。

11
愛着がわいてしまったという表現を聞いたことはありませんか?これも「慈しみ」の類語の1つになるのです。
意味 慈しむ

それに「美しい」というのは「綺麗(きれい)」というのと違っていて、ただならぬ感じ、非日常的であり、危険な香りがするものなので、ひんぱんに感じていたら、一つ間違えば、心が壊れてしまうかもしれないのです。 カップルや夫婦などで使われることが多い表現です。 41件のビュー• 例として、職場では上司や先輩、プライベートでは両親や祖父母などに「慈しむ」という表現を使うのは適切ではなく、相手の解釈の仕方によってはむしろ失礼にあたる場合があります。

このお互いに慈しみ合うというのはお互いに愛するということでもあります。 (出典:デジタル大辞泉) ・ 愛おしむ( いとおしむ) 意味:かわいく思って大事にする。
意味 慈しむ

少し大げさかもしれませんが、本当に美しいと感じる瞬間は、長い人生の中でも、何回もあるものではないのです。 そうした、消えゆくかもしれない「尊い言葉」を「美しい言葉」というのならば、いくつかあげることはできます。

9
仏教においては一切の生命は平等である。 似たようなものになると可愛がるというのが1つあがるでしょう。
意味 慈しむ

「渇愛」・・・喉が渇いて水を求めるような激しく執着心のある愛 「慈しみ」の花言葉をもつ花は「ロウバイ」 1〜2月に黄色の花を咲かせる木『ロウバイ』の花言葉は「慈しみ」です。

「慈しんで愛する心」という意味でもあり、まさに「慈しみ」という類語になるのです。
意味 慈しむ

子どもへの慈しみ 子供への慈しみという意味で使われることが多いです。 悲はサンスクリット語の「」に由来し、「人々の苦を抜きたいと願う心」の意味である。

「 びたの象形と2つの糸の象形」 「 ・が増える」の意味 と「 心臓」の象形から、子を増やして育てる心 を意味し、そこから、「 いつくしむ」を意味する「慈」という漢字が成り立ちました。