テーラーメイド m6 ドライバー。 M6ドライバーのシャフト・ロフト角の調整機能について

ドライバー テーラーメイド m6

選べるロフト角:9度、10. ですが、実際のところ一般的なゴルファーの場合、軽量ドライバーを使った方が速く振ることができますし、ボール初速を速くすることができます。

2
それでも M6ドライバーは前作比でバックスピンが増えただけであり、他の低重心クラブと比べればそこまで球のあがりは良くありません。 トルクで表現しますと、5. おそらく現段階のゴルフ最強ブランドではないでしょうか。
ドライバー テーラーメイド m6

実際にロフト9度のモデルを打ちましたが、高弾道・低スピン弾道が得られ、球のつかまりも前作より向上していると感じました。

13
実際に打ってみると、まず球の上がり方が「M5」とは別モノのイメージですね。
ドライバー テーラーメイド m6

持ち球はドローと言いたいところだがフック。 本当に素晴らしいドライバーでした。 振り心地はあまり変わりません。

14
ツイストフェースというねじれたフェース面をもち、トウの上部はロフトが増えるように、ヒール下部はロフトが減るようにねじれている。 「M5」がある程度操作性を意識して、シャフトも硬めのモデルだったのに対して、この「M6」はある程度つかまりを意識して、シャフトもしなやかなモデルになっていると思います。
ドライバー テーラーメイド m6

メインコンテンツ• ゆ〜っくりと飛んで大きな放物線を描いてビッグキャリーボールになります。 FUBUKI TM5 2019 フレックス R SR S シャフト重量 50g 52g 54g クラブ重量 295g 297g 299g トルク 5. ロフト角・ライ角の調整機能を搭載 SIM MAXドライバーとM6ドライバーの違い SIM MAXドライバーは空力を取り入れている 空力と言えば、PINGのタービュレーターがドライバーではお馴染みですが、テーラーメイドもついて空力を取り入れました。

3
深重心・深重心が一段と進化していることで、 高弾道・寛容性がさらに際立ったドライバーとなっています。 ビシッと芯食いの打感を味わいたいゴルファーにはちょっと物足らないかも。
ドライバー テーラーメイド m6

フレックス シャフト重さ トルク クラブ総重量 バランス S 54 4. かなり受け入れ間口が広い、どんなゴルファーでも使えそうな雰囲気をもった1本です。 球がある程度つかまえられる人ならば初心者から上級者まで幅広く使えるドライバーです。

9
このデータの中でも好印象なのが打ち出し角とスピン量です。
ドライバー テーラーメイド m6

SIM MAXドライバーとM6ドライバー テーラーメイドの2020年モデルは、2016年から続けてリリースされていたMシリーズではなく、新たに誕生したSIMシリーズとなっています。 M5は右回転がかかりやすいアスリート向け こういった特徴でした。 でも、しなり戻りの速さを考えると、中調子系の動きだと思います。

20
最初に高反発で作った段階と、ルール内にギリギリ収まるように調整してから、2度にわたって全数検査を行い、計測してルール内ギリギリに揃えている。 トータルバランスの高いクラブで、アベレージからアスリートまで幅広いゴルファーが使用できる。