太平洋 戦争 敗因。 太平洋戦争 日本の敗因2 ガダルカナル 学ばざる軍隊 NHK取材班:文庫

敗因 太平洋 戦争

この頃、アメリカは「環太平洋圏」を構想していた。 このような、あからさまに日本を敵視した日本孤立化への動きが、実際に真珠湾攻撃による太平洋戦争の開戦に至る以前、数十年間に渡って行われてきたのです。

11
その代わり、敗戦後、日本はけっして戦勝国たる米国の安易な援助、救済を受けず、天皇以下、政府も全国民もすべて『臥薪嘗胆 (がしんしょうたん)』の苦労を重ねて、戦後の祖国復興はもっとおくれたであろうが、かえって、物心両面のバランスのとれた堅実な再建が実現したことであろう。
敗因 太平洋 戦争

ウィルソン大統領は、世界秩序回復のための一四カ条を手に、パリに乗り込んだ。

6
我は政府を通じ事態を平和の内に回復させようとし我慢し続けてきたが、彼らは全く交譲の精神がなく無駄に時局の解決を長引かせ、この間かえって益々経済上軍事上の脅威が増大し、それにより我を屈従させようとした。
敗因 太平洋 戦争

ヨークタウンに横付けして修理を行っていた駆逐艦ハムマンに伊168の魚雷が命中、ヨークタウンは誘爆に巻き込まれて致命傷を受け、その後しばらくして沈没しました。 日本海軍は日本陸軍に対して同地奪回を懇願し、陸軍は地上部隊を派兵、これにより日本軍と米豪両軍の間で陸・海・空の全てにおいて一大消耗戦が繰り広げることとなった()。

12
まったく対外的 (ヒトラーにもムッソリーニにもわからぬ)にも、対内的 (日本国民大衆に実際には全然、共鳴されず、理解もされず)にも、けっして通用しないような独善的な『皇国的戦争観』によって、いわゆる、大東亜戦争政策なる大綱をつくり上げて、『皇道日本』による、八紘一宇 (はちこういちう)的な世界制覇を夢想していたわけを知りたいのである。
敗因 太平洋 戦争

新聞記事は正確ではないことがあるからである。 1941年12月8日、日本軍は真珠湾を攻撃。 編者の面目躍如たる分野。

19
なぜ、文部省は、いわゆる官製、検定の現在の小、中学校用歴史教科書に、太平洋戦争の開戦から敗戦までの、正しい史実と意義を、正々堂々と記述させて、戦争をまったく知らない若い世代に、この貴重な『民族の遺産』を、素直に理解させることをおそれたり、妨げたりしているのであろうか? おそらく、これらの文部官僚と、一部の、いわゆる御用歴史学者の胆 (はら)の中では、戦前、戦中と相通ずる、『絶対天皇制護持』の封建的な偏見と、独善的な超国家主義 (ウルトラ・ナショナリズム)にもとづく『皇国史観』を、いまだ強く温存して、日教組を中心にした左翼的、革新的勢力に、あくまで対抗しようと努力しているのであろう。
敗因 太平洋 戦争

私は日本人として、終戦直後に重大責任を感じて自決した阿南陸相、大西中将、本庄大将、田中静壱 (しずいち)大将、杉山元帥、吉本貞一中将その他の軍人にたいして、今日なお深い哀悼 (あいとう)と共感を禁じえない。 各地で劣勢が伝えられる中、東條英機首相兼陸相に対する反発は強く、などの政治家や陸海軍将校などを中心とした倒閣運動が行われた。

10
つまり、不毛の消耗戦が延々と続く。 1937年10月、国際連盟は日本を及びの侵犯であると決議した。
敗因 太平洋 戦争

2 太平洋戦争への大きな疑問 戦後、わが国で発表、または刊行された太平洋戦争にかんする戦史、戦記、評論、読物類は、新聞、雑誌、単行本を通じて、じっに数万点以上にたっしていると思われるが、それを大別すると、つぎの三つにわけられる。

4
。 迎撃する戦闘機も、熟練した操縦者も、度重なる敗北と空襲による生産低下で底を突いていた日本軍は、十分な反撃もできぬまま本土の制空権さえも喪失しかかっていた。
敗因 太平洋 戦争

神に仕へる心は、また身心一切の穢 (けがれ)を去り、純一無雑の心意に帰する清明心であって、これは古来まことの精神として特に尚 (とうと)ばれている』 それは今日の時点より考えると、まことに難解、複雑な、神がかりの独善、尊大な、『万邦に冠たる天孫民族の国民思想』とみなすほかはないが、しかし、このような文部省制定の『皇国史観』から、いわゆる『神兵の聖戦』というような『皇国的戦争観』が生まれたのは当然であった。

15
その差がここにでたと言ってもよいだろう。 この頃から各地で日本の敗北が目立っていき、日本軍が全滅してしまう玉砕も出てしまいます。