ケア プラン 文例。 【悩めるケアマネジャー必見】すぐに役立つ!ケアプラン文例集|介護のお仕事研究所

プラン 文例 ケア

必要に応じて入院できる体制を確保し、不安や負担を軽減する• 人口肛門のケアができる• 体に負担なく安全に立ち上がれるようになりたい• 筋力低下を予防したい• 車いすで移動することができる• 皮膚を清潔に保ちたい• ・ADL、IADL、コミュニケーション、認知、気分、行動、環境、支援体制と関連する。

7
利用者の個別性を大切にアセスメントし、その人らしいケアプランになるように 努めることが大切です。 感染症を予防する• 一般企業や店舗のサービスなど、たとえ営利目的ではあったとしても 利用者の生活の助けになり、経済的に見合った形でその方の望む生活を支えるものが提供されるならば、利用者の周辺地域にある資源と考え、インフォーマルサポートとして取り入れてケアプランに明文化し当人たちにもニーズの解決に向けた役割を担ってもらうとよりよい支援となります。
プラン 文例 ケア

オムツを使用しているため、体が不衛生になりやすい• 口腔内を清潔に保ちたい• 自力で義歯洗浄ができるようになりたい• 主治医との連携をとりながら、適切な点滴の管理を受け安心して生活する• 病状が悪化せずに安定して生活したい 留置カテーテル• 糖尿病があり低血糖になるのが心配なので、安心して生活できる環境を作る• 食事の用意が自分でできない 調理、配膳などに身体訓練が必要な場合はリハビリプログラムによるADL訓練と環境整備をおこなう。 ケアマネジャーは、ケアマネジメント業務にかかるプロセスをきちんと記録することが義務づけられています。

10
プラン 文例 ケア

更衣動作の機能低下を予防したい• 体をいつもきれいにしておきたい• 安定した血糖を保つことができる• 食事の姿勢バランスが保てる 経管栄養• 介護者の排泄の介護負担を軽減させたい• 安心して安全に入浴したい• 少しでも自分で歩けるようになる• 家族で旅行に行ってみたい• 汗をかきやすいため、体が不衛生になりやすい• 自分で着替えが出来るようになりたい• 手の振戦があるが、安心して食事を摂りたい• 介護者の負担を軽くして、出来る限り自宅での生活を継続する• 体調を整えて病状悪化を防ぐことができる• ずっとやりたかった〇〇を再開したい• 家族の不安を軽減したい• 身体的・社会的状況を把握し可能な改善策を立てる。

7
虐待があれば、危険性を見極めるとともに、医療・行政・法的な措置が必要か検討する。 変形性膝関節症で歩行時に痛みが強い 整形外科的治療で鎮痛を図る。
プラン 文例 ケア

ずっとやりたかった〇〇を再開したい• ご本人の苦痛を少なくし、また清潔にして過ごせるよう支援していきます。 必要に応じて入院できる体制を確保したい• 痴呆の初期症状であることもあり、専門医を受診する。

5
転倒の危険なく安全に立ち上がりたい• 家族の寝返り介助の負担を軽減する• 立位保持動作能力の維持・向上ができる• 脱水の危険性を無くす• 関節の痛みが少なくなり、楽に歩けるようになる• 残存機能を活用し、自力での階段の昇降ができるようにする• 神経精神科及び内科受診 家族に対して認知障害に関する情報提供をおこない、クライアントの自尊心を傷つけないようにする。 健康管理を行い、体調不良を未然に防ぐ• 家事や買い物・散歩が毎日できる• 緊急時でも安心して生活できる連絡体制を確保したい• 緊急時の連絡体制を確保し、安心して生活する• 家族のトイレへの移乗介助の負担を軽減する• 外出して人と交流が持ちたい• 安楽な体位保持ができるようになる 車いす• ケアプランに手段まで載せるときは根拠が必要 手段の指定が自由を奪う ケアプランでよくあることですが、「歩いて買い物に行きたい」や「歩けるように筋力をつけたい」という本人の言葉をそのままニーズに掲載していることがあります。
プラン 文例 ケア

トイレに間に合わないことがあるが、失敗せずに排泄したい• 定期的に外出ができ、気分転換する 生きがい• フラツキがあるが、屋外での移動時に安全に移動できるようになりたい• 起居動作が安定しトイレで排泄をしたい• 外出の機会が増加する• この目標とは、要介護者が最終的に到達するべき方向性や状況、困っていることに対する望ましい解決の方向性を提示するものです。

1人で自宅内での移動が安全にできる• 自力で食事の準備・片付けができるようになりたい• 食事量をコントロールし体重の増加を防ぐ• 自力で食堂まで行きたい 排泄• 適切な服薬管理を行い、血圧をコントロールする• 医学的な管理を行い、排便コントロールができ、体調管理ができる オムツ・カテーテル・尿器• 食事をおいしく食べられるようになる• 自力で洗身ができるようになりたい• 本人:特にどうして欲しいという事はありません。 誰がどうするか役割をはっきりさせている良い例 長期目標:「介護者の付添いを受け杖を使うことで500m先の店まで転ばずにいく事が出来る。
プラン 文例 ケア

みんな目の前にあることは一生懸命にやっているのです。 ニーズ・長期・短期の目標は必ず整合性を取ること! 長期と短期目標につながりがない悪い例 長期目標:「認知症の進行を予防する」 短期目標:「お風呂に毎日入ることが出来る」 これも研修会の時によく言われるのが各項目について整合性を必ず取ることを言われています。

妻の介護負担を軽減しながら安全な入浴できる• 衣類の着脱を安全に行いたい 安全な入浴環境• 自力で衣類の着脱ができるようになりたい• 自力で立ち上がりができるようにしたい• 段差につまずくことなく安全に移動したい• 適切な医療処置を受け健康的な生活を維持していく• また、主治医とも連絡を密に取りながら緊急時の連絡体制をつくっていきます。
プラン 文例 ケア

車いすへの移乗時に足の巻き込みを予防したい• 近年、人の全体像をとらえるときの整理方法に ICF(国際生活機能分類)を採用することが増えてきました。 血圧がこれ以上悪くならないようにしたい• 難聴があるが、いろいろな人と安心して話をしたい• 血圧、体重の管理を行い、安心して生活する• 健康的な生活を継続していきたい• マニュアルが更新された場合は、パソコン画面上に表示。 家族の水分摂取介助の負担を軽減する• 適度な運動と趣味活動を取り入れ、睡眠不足とストレスを解消する• 糖尿病があるが健康に気をつけて、活動的な毎日を送る• 糖尿病があるが健康に気をつけて、活動的な毎日を送りたい• 歩行訓練をして歩行状態を安定させたい• 移動動作が安定しトイレで排泄をしたい• 心臓に負担がかからない程度の運動を行う• 病状の進行を和らげ、定期的に通院ができる• 車いすで安全に移動したい• 確実に服薬できるようにする• トイレの環境が整備される• 状態に合わせて、臨機応変な対応ができる• 家族の不安や負担を軽減させる• ポータブルトイレ使用時の転倒を予防する• 車いすで通院できるようになりたい• きれいな皮膚で快適に過ごせる• 自力で整容ができるようになる• 身体の清潔を保つ• 自力で耳掃除ができるようになりたい• 安全に移乗ができるようになる• 自力で靴下の着脱ができるようになる• 下肢筋力をつけ見守りの中安全に歩けるようになる• 体を清潔に保ち、おむつかぶれができない• こちらのコーナーでは、一連の書類作成のポイントを整理し、実務面で役に立つサンプル集として提供されています。

現在の機能を維持し、安全に生活していきたい• 起き上がり動作能力の維持・向上ができる• 経管栄養だが在宅生活を続けたい• 日常生活に支障のないように現在の歩行能力を維持・継続させたい• 本人の負担が少ない状態で起居動作、移乗を行いたい• 自宅ばかりで過ごすことなく、いろいろな人と関わり、楽しい時間を持ちたい• 介護者の病状悪化を防ぐ• 体調に自信をつけ、将棋教室へ参加できるようにしましょう。