発出 発令。 「発出」 やはりお役所言葉

発令 発出

いわく「市町村の発令する避難勧告等の判断を支援する役割」と「住民の主体的な避難を促すための危機意識を醸成する役割」です。 この後の記者会見で、国民の皆様に改めて私から詳しく御説明いたしますが、緊急事態を宣言しても、海外で見られるような都市封鎖を行うものではなく、公共交通機関など必要な経済社会サービスは可能な限り維持しながら、密閉、密集、密接の3つの密を防ぐことなどによって、感染拡大を防止していく、という対応に変わりはありません。 しかし、一方の 「発動」は 「ある活動を具体的に起こすこと」ということになり、 「発令」のように法令などに基づくものではなく、 「活動そのものを実行する」という解釈になります。

ハッシュツ。
発令 発出

気象庁の「防災気象情報の伝え方に関する検討会」の報告書を見ると、気象庁や国土交通省の河川部局は警報等を「発表」し、それを「避難勧告等の発令判断に資する」防災気象情報として市町村が活用する、という位置づけです。 これについては辞書編集者の飯間浩明さんが10年ほど前、三省堂辞書編集部のウェブサイト「Word-Wise WEB」の「」と題したコラムで触れています。 「発出」の「発」という字は、「弓を引き放つ」さまを表しており、「はなつ」「送る」「つかわす」などの意味を持ちます。

11
D1-Law. わずかな差で真っ二つに分かれました。
発令 発出

安倍晋三首相が緊急事態宣言に際し「発出」と表現したことが一部で違和感を呼び、昨年議論になった元号・令和の「令」の意味はやはり「命令」の「令」だという解釈も改めて持ち上がった。

8
この発出は、ある物事や状態が現れ出ることを表しています。
発令 発出

2 出発すること。

2
送り出すこと」。 ところで、政府はこのたびの「緊急事態宣言」に際して、「発出」という、耳慣れない動詞を使っている。
発令 発出

「発出」は、単に何かを「出す」ことを意味しています。

9
「出」は「足がくぼみからでる」さまから、「だす」「生じさせる」などを意味し、「発」何かを出す意味を持つ。 政府関係者によると、医療機関への通院や食品の買い物、職場への出勤などを除く不要不急の外出の自粛を徹底するよう国民に求めるほか、公共交通機関をとめるといったロックダウン(都市封鎖)のような措置はとらず、経済社会活動を可能な限り維持することなどを盛り込む方向だ。
発令 発出

医療現場では既に危機的な状況になっていることを踏まえ、緊急事態宣言の準備をすべきだとの意見をいただいた」と説明。 SNSなどの情報発信ツールが増え、よく耳にする言葉になりました。 官報に掲載された訓令の調べ方については、調べ方案内「 」もご参照ください。

1
「危機意識を醸成」する言葉の使い方 防災情報の伝え方に関する気象庁の検討会は、気象防災情報の役割を二つにまとめています。
発令 発出

普段の風水害で、自治体職員が現場に駆けつけますが、それが出動であり、通常は命令・指令を受けて行動するものです。

11
これは 【発令】という文言を避けることで 【令和】のイメージを守ったのではないか、という見方でした。
発令 発出

その神意は、神の命ずるところである」(白川静「字統」)。 緊急事態宣言にかかわるものでは、保健所職員が感染者が発生した場所を消毒するために出動する保健所全体の動きが発動ではないでしょうか。

10
各分類目次から検索可能。 各省庁の通知、通牒、通達、閣議決定、指示、訓令等の一部を収録しています。