凌駕 意味。 「悪貨は良貨を駆逐する」とは?意味や使い方をご紹介

意味 凌駕

ですので、 凌駕すると圧倒の違いとしては 他と大差をつけてるかどうか? The boldness, courage, and stamina of general anderson's forces could not have been exceeded by the most battlewise veterans. Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• His big body towers over the others. 普通に考えられる程度をはるかに超えている様子を「超越している」と言います。

このように、何かと比べて勝っている場合に「凌駕」という言葉を使います。
意味 凌駕

比較する対象は他人だけでなく、過去の自分でも良いものです。 比較的大きな対象に使われることが多い言葉で、 「今年測った結果、昨年の身長を凌駕していた」などと使っても間違いではありませんが、少々大袈裟になってしまう感が否めません。

とりあえず、 凌駕を形成している文字を 分解してみてみると、 凌駕するの「凌」という字は 凌ぐ から来ていて、 凌ぐという言葉は 1. しかし、比較対象としているのは、必ずしも物質や人間だけに限りません。
意味 凌駕

「凌駕」を使った例文や短文の意味を解釈• 人知を超えていたり、時の流れや歴史を超えていくような物事に出会った際に「超越」という言葉を使います。

15
馬の上に乗るということで 他より上に出るになったのかと思いますね。
意味 凌駕

前作をはるかに凌駕する売れ行きだ。

15
要点を掴む=骨を掴む 気概とは「困難を乗り越えようとする強い気性」、心持はそのまま気持ちのことなので、 日常で反骨精神を持っている。 凌駕すると圧倒するの違いとして どのようなものがあるのかといいますと、 圧倒するという言葉には 際立って優れた力を持ってる事 という意味が存在しています。
意味 凌駕

後塵を拝する(こうじんをはいする。 つまり、「卓越」は相対的な優越性を示し、「超越」は絶対的な優越性を示すという点で使い分けることができます。 しのぐというのは、困難や苦境に堪えて切り抜けることや、何かを乗り越えて前へ進むことを意味する言葉です。

6
研究社 新和英中辞典 1• 風下に立つ(かざしもにたつ。 偏の「にすい」は氷の象形文字からきています。
意味 凌駕

凌駕の「凌」という漢字を使った単語としては、雲をしのぐほどに高いことを意味する「凌雲」、相手を傷つけるような言動をして恥をかかせることを意味する「凌辱」、花の一種である凌霄花 読み方:のうぜんかずら などがあります。 比較する対象が具体的にない場合や、人知や常識の枠を超えてしまっている場合には「超越」という言葉を使用し、何かと具体的に比較した状態で勝っている場合には「凌駕」という言葉を使うのだと覚えておくようにしましょう。 超越の使い方 超越を使った分かりやすい例としては、「長年に渡って努力を続けられた人こそが超越した存在となる」「本当に超越的な人は自分のことを超越した人間だとは言わない」「結婚などの古くからの風習にとらわれない超越者を目指している」などがあります。

2
「卓越」は単に「他よりも上」であることを指しますが、「凌駕」は「のし上がって追い越す」ことに重きを置くところが特徴です。
意味 凌駕

。 「悪貨は良貨を駆逐する」は、元来はことわざや故事成語ではなく、経済学の法則を一文に要約したものです。

19
反骨精神とは「 世の中の不正や、しきたりなどに果敢に立ち向かっていこうとする気概や心持」という意味の四字熟語となっています。
意味 凌駕

前作を知っている人であれば、心理的な効果も含めたさらなる進化に驚きと感動を覚えるでしょうし、前作を見たことのない人であっても、前作についての話題性を知っていれば想像によって対比することはできます。

8
Copyright on Japanese Translation C 2004 Ryoichi Nagae 永江良一 本翻訳は、この著作権表示を付すかぎりにおいて、訳者および著者に一切断ることなく、商業利用を含むあらゆる形で自由に利用し複製し配布することを許諾します。 John Stuart Mill『自由について』 5• 超越の類語 超越の類語・類義語としては、大多数の中でも指を折って数えれるほど優れていることを意味する「指折り」、良質でよく揃っていることを意味する「粒揃い」、周りよりも目立っていることを意味する「突出」などがあります。
意味 凌駕

凌駕という言葉に使われている「凌」という字も、「駕」という字も、どちらも常用外の漢字です。

「想像を凌駕する」はよく使われる表現で、間違っているとは言い切れませんが、このように違和感を感じさせることも多いので注意が必要です。 例文1のように、過去の自分と比較して今回の方が前回よりも良く出来たと感じた場合や、例文2のように他者と比べて勝っている場合などに「凌駕する」「凌駕している」という表現を使います。