艦 これ ss 提督 嫌 われ。 嫌われ薬 提督の苦しみ

これ 嫌 艦 ss われ 提督

」 提督「とにかく、大和の相談に乗ってやってくれ。 」 ポイッ…ガタン ごみはきちんと捨てておく。

10
書類に目を通したら、お互いちょっと休もう。 「この前は大量の資材の使用許可を出してくれてありがと。
これ 嫌 艦 ss われ 提督

だが、艦娘も人と同じ姿形をしながら、その実態は人類とは全く違う人ならざる存在。

6
通常兵器が効かない深海棲艦と唯一戦える存在、それが艦娘だった。
これ 嫌 艦 ss われ 提督

実は夕張に大量の資材の使用許可を出したのは、資材を開発でどんどん溶かし艦隊を運用できなくして無能な提督だと艦娘たちに印象づける。 その異様な光景に、提督は怒りより若干の恐怖を感じていた。 俺に対して不平不満を言えていえず、ストレスをためているかもしれない。

12
77 ID:ymAQoNL70 とりあえずここまでです。
これ 嫌 艦 ss われ 提督

朝の食堂では横長のテーブルに艦娘たちが揃って朝食をとっていた。 皆、服はボロボロで体にはいたるところに生傷があったが、彼女たちは朗らかな笑顔を見せると提督に戦況報告を行った。 執務室で大和とお茶したが、無理している大和を思うと申し訳なく思い、早めに切り上げて寝ることにした。

11
)」 武蔵「何か言ったか?よく聞こえなかったが。
これ 嫌 艦 ss われ 提督

私の姉は怖いからな。 虚ろな目をしながら椅子に腰かける提督に、傍らにいた大和はそっと囁きかける。 やっと気づいてくださったんですね。

俺もちょうどデスクワークを終えたばかりで体を動かしたかったから」 その言葉に時津風だけでなく雪風もばんざいしながら喜び、天津風は戸惑いながらも二人に手を引かれていく提督の後を追っていった。 正直に訳を話してどうにか解任の件を取り付けてもらうためだ。
これ 嫌 艦 ss われ 提督

783• 121• レ級が出ると言われている海域なのに、全員無事に戻ってくるとは」 「なに、提督はいつも私たちを強敵が出るという海域に送り出してくれるから、その期待に応えたいだけさ」 自身を褒める提督の言葉に長門は胸を張り、大和も自分の胸に手を置きながら嬉しげに微笑んだ。 どうだった?」 天龍「いや、それはまぁ、後で……」 龍田「だーめ。 「この前は大量の資材の使用許可を出してくれてありがと。

7
「構わないよ、天津風。
これ 嫌 艦 ss われ 提督

そこでは昼食を終えた提督が一人執務にいそしんでいた。 広大な海を流れる波の音と青々とした空を飛んでいく海鳥たちの鳴き声が、静かな朝の執務室のBGMとなって流れてくる。

16
執務はすでに終わらせたが、下手に執務室にいれば秘書艦や他の艦娘たちと一緒になってしまう恐れがある。
これ 嫌 艦 ss われ 提督

」 大和「提督。 86 ID:mnepNzgr0 そうなのか、ありがとう。 「な、何言ってんだお前ら…!? 俺は本当にお前らが嫌い……」 「…提督、少し疲れているんですね。

12
提督は顔をしかめたくなるのをこらえながら、雪風たちに笑顔を向けた。 艦娘たちの言葉に何も答えず、提督は壊れた人形のように「…おれは……お前らが……嫌い……」と拒絶の言葉を繰り返していた。
これ 嫌 艦 ss われ 提督

「構わないよ、天津風。 加賀「雪風……!!」ギリギリ 雪風「ひぅっ」 翔鶴「加賀さん、八つ当たりはダメですよ?」ニコニコ 2 翔鶴 36 加賀 加賀「くっ……!」 夕立「くじ引きって後の方が有利っぽい! 最初で当たる確率は低いっぽい! 最初に引く人達は捨て駒っぽい?」 千代「あっ!」 夕張「あちゃぁー……」 加賀「ぷっ……あら? ごめんなさい、捨て駒さん。 その音に一瞬眉根をひそめたが、すぐに表情を変え執務を再開。

12
分かりました。 午後の執務室。