初盆 香典 表書き 薄墨。 初盆の香典の金額相場と書き方とは?ペンは薄墨で書くの?

香典 表書き 薄墨 初盆

お供え物ののし紙の種類は 香典の場合と同様で、黒白、双銀、藍銀、黄白を選び、繰り返すことを望みませんという意味合いで、「結び切り」の水引とします。

19
ただし例外として、 お花をお供えする場合は必要ありません。
香典 表書き 薄墨 初盆

その中でも初盆・もしくは新盆というものは同じ意味を持ち、人がなくなり四十九日を終えて初めて迎えるお盆の事を言います。 盆提灯はどうする? 盆提灯は故人の冥福を祈り供養を表すもので、初盆を迎えた家へ盆提灯を贈る習わしは古くからあります。 どれを選べば良いのか分からない場合にはお住まいの地域の文具店や近所の方に、初盆用の不祝儀袋はどういったものを選べば良いのかを聞いてみるようにしましょう。

16
一般的なものを紹介します。
香典 表書き 薄墨 初盆

初盆の場合のお布施の相場は3万円~5万円が多いです。

10
表書き 香典の表書きは、「御霊前」や「御香料」「御香典」などを使います。
香典 表書き 薄墨 初盆

でも地域によっても違いますし、 お供えを持参した場合は少なめでもかまいません。 出席者の人数分を上乗せしましょう。 また、確認が難しい場合は、喪服も一応用意して持参すると良いでしょう。

故人が亡くなられてから初めてのお盆の「初盆」に参列することになった場合には、香典をどの程度包めば良いのか迷われる方も多いです。 その場合には、印刷されている字の濃さに合わせて薄墨と濃墨を使い分けるようにしましょう。
香典 表書き 薄墨 初盆

だから 新盆の香典の場合は通常の濃い墨で書いて問題ありません。 初盆のお供えの一般的な相場は3000円~5000円です。

6
我が家も薄墨のペンを持っていないので 1本あればいざという時に慌てずに済むかな と思いました。 新盆に招かれたら、特別な事情がない限り出席するのがマナー。
香典 表書き 薄墨 初盆

そのため、「御仏前」を使うのは四十九日法要以降となります。 新盆に限らず、一般的に8月13日(東京、神奈川、静岡などでは7月13日)がお盆の初日で、この日に「迎え火」を焚いてご先祖の霊を自宅に招き入れます。

7
ただし、手書きの場合、丁寧に書いたとしても、ボールペンでは正式な感じが出にくいので、筆や筆ペンを用いた方が望ましいです。 まとめ 初盆は失礼のないようしっかりとした マナーでお供えしたいですよね。
香典 表書き 薄墨 初盆

それでも初盆の香典の金額相場は 5000円~10000円くらいです。 宗教によっても変わってきますので、故人の初盆がいつになるかは、相談して決めるとよいでしょう。

7
具体的には、 故人と血縁関係にあったかや包む方の年齢が違いの生じるポイントです。 故人との関係性で、相場の金額が変わる お葬式やお通夜とは異なりますので気をつけましょう。
香典 表書き 薄墨 初盆

筆ペンでも、筆の硬いもの柔らかいものがあります。 最後に 余談になりますが、お香典と初盆の花贈りをする場合は、一般的に白を基調として淡く準備します。

18
表書きにも名前を書いていますが、中袋にもきちんと名前をフルネームで記入しましょう。 喪中はがきの発送時期は11月下旬から12月上旬までとされています。