大和 尼寺 精進 日記 最終 回。 瞳ちゃんこと副住職さんが大人気でした。栗や銀杏を具に「ひろうす」を作っています

精進 大和 最終 尼寺 回 日記

- 神無月のWikipediaにはこのように書かれています。

13
じゃあ、3分番組として毎週放送している「やまと尼寺献立帳」も終わり?寂しくなるなぁ。 また、芽吹いたばかりの「フキノトウ(蕗の薹)」を天ぷらや蕗味噌にしたり、旬のセリは胡麻和えするなど、早春の奈良県の様子が収められてました。
精進 大和 最終 尼寺 回 日記

音羽観音は眼病にあらたかだとも仰れていました。 ただし「生活の質」という点で考えれば、尼寺の暮らしは文句なしの高レベルです。

8
「ひろうす」は漢字になおすと「飛竜頭」だそう。
精進 大和 最終 尼寺 回 日記

でもあれくらいが良いのかも知れません。

その点まではさすがに言及はなかったです。
精進 大和 最終 尼寺 回 日記

早穂(はやほ)、先穂(さきほ)、最華(さいか)などとも言う。

『やまと尼寺 精進日記』 豊かな季節の恵みを知恵を工夫で極上の精進料理にする、奈良・桜井の尼寺。 メイクを落として髪を束ね、普段着になったら美しさは多少目減りするのでは。
精進 大和 最終 尼寺 回 日記

若い人の髪はつやつや、つるつるです。 つき直したお餅を輪切りにして(その様子は放送されていません)、暖炉のそばに置いて乾燥させて(ここも未放送)、それを今度は手で小さく砕いてから、油を多めに入れた底の厚めなフライパンに入れて揚げていました。 料理の前のお三方は笑顔で嬉しそう。

いつか訪れてみたいような、あのお山で元気に3人お過ごしなんだなぁと思いつつ過ごす方ががいいような…。
精進 大和 最終 尼寺 回 日記

本堂の前にある「三人のお人形」の作者で、とても器用な方のようです。 その暮らしぶりを伝える番組がNHK・Eテレ「やまと尼寺 精進日記」。

副住職です。
精進 大和 最終 尼寺 回 日記

2020年6月1日頃 まっちゃんがホームページ、SNSを開設。 新暦では3月下旬から5月上旬ごろに当たる。 …随時追加 関連リンク ・やまと尼寺エッセイ ・まっちゃんのtwitter ・Instagram(まっちゃんのインスタ) ・まっちゃんのホームページ ・慈瞳さんのページ(まっちゃんのHP内) ・Instagram: やまと尼寺( 一般の方の訪問など、これ面白いです) ・twitter: やまと尼寺精進日記(ハッシュタグ) ・Google画像検索:やまと尼寺(写真がたくさん見られます) ・アメブロ やまと尼寺精進日記(ハッシュタグ) ・音羽山 観音寺 数珠つくり(一般の方のブログ) ・音羽山観音寺に変化(一般の方のブログ) ・【やまと尼寺にて 極上精進料理を頂く 音羽山観音寺(奈良県桜井市)】(一般の方のブログ) ・音羽山観音寺 参道(一般の方のyoutube) ・2015 11 24 音羽山観音寺 01(一般の方のyoutube) ・【日本縦断29日目】楽しみすぎる音羽山観音寺(一般の方のyoutube) ・佐々木慈瞳さん『今をどう生きるか。

15
しかし、私たちは、同じことでも今年のそれが見たいので、構わないのに(笑)。 それ以上の詮索はなし。
精進 大和 最終 尼寺 回 日記

私が知っている銀杏の色は黄色というか茶色というか、そういう色味です。 ご住職の後藤密榮さん(ごじゅうしょく・あんじゅさん) 音羽山観音寺のご住職。 こんな山の中へこんな可愛い尼さんが思うてね」 Aさん「(最初は心配だったけど)ほんでも徐々に慣れていただいて、(寺が)綺麗になってね、段々。

スローライフ?? やまとの小さな尼寺が、テレビ放送のお陰でいまでは大人気。