セレコキシブ 錠。 セレコキシブ

錠 セレコキシブ

癌治療 [ ] 癌の予防とは異なり、癌治療は患者の体内で既に形成され確立されている腫瘍を治療することが焦点となる。 とくに、炎症反応にかかわる特定のシクロオキシゲナーゼ(COX-2)を選択的に強く阻害します。

7
消化管潰瘍・胃腸出血..胃痛、腹痛、吐き気、嘔吐、吐血(コーヒー色のものを吐く)、下血(血液便、黒いタール状の便)。 これらの追加的な標的の発見は多くの議論を巻き起こし、セレコキシブは主にCOX-2を阻害することで腫瘍の成長を抑制するという当初の仮説は議論が分かれることとなった。
錠 セレコキシブ

手術後の鎮痛• 癒着予防 [ ] セレコキシブは腹部内の癒着を予防する可能性がある。 用法・容量• 得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、log 0. サール社が開発し、セレブレックスの製品名で社(サール社の親会社)とが共同販売した。 37件ののにおいて、セレコキシブは、コントロールと比較して、腎関連イベント、高血圧、腎機能低下発現の相対リスクでやや優勢な結果が出されている。

7
一方、別の臨床試験で、潰瘍の発現率を内視鏡で調べたところ、この薬を飲んでいた人達で1. 5).肝不全、肝炎、肝機能障害、黄疸:肝不全、肝炎、AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、ビリルビン上昇等、黄疸の発現が報告されているので、定期的に肝機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合は投与を中止するなど、適切な処置を行う。 PRECISION: ClinicalTrials. (重要な基本的注意) 1.本剤の投与により、心筋梗塞、脳卒中等の重篤で場合によっては致命的な心血管系血栓塞栓性事象が発現する恐れがあるので、観察を十分に行い、これらの徴候及び症状の発現には十分に注意する。
錠 セレコキシブ

2 : 2918, 2009• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 アルミニウムを含むもの• の消炎• 健康成人男性に14C-セレコキシブ300mgを空腹下単回投与したときの血漿、尿及び糞中にCOX-1及びCOX-2阻害活性を示さない代謝物が3種類同定され、血漿中には主として未変化体が存在していた。 この新しくGEが発売するというタイミングで、自分の年齢をまじまじと感じますよね。

2
重篤な心機能不全• 中等度リスクが3つ以上ある場合• 相互作用 ACE阻害剤 エナラプリルマレイン酸塩 イミダプリル塩酸塩 テモカプリル塩酸塩 等 アンジオテンシンII受容体拮抗剤 カンデサルタン シレキセチル バルサルタン ロサルタンカリウム 等 非ステロイド性消炎・鎮痛剤(NSAID)はアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤の降圧効果を減弱させる可能性があるとの報告がある。 使用期間が長くなるにつれ、心筋梗塞や脳卒中の発現リスクが高まるおそれがあるのです。
錠 セレコキシブ

• この作用機序は、NSAIDsの共通の作用です。 8).呼吸器:咽頭炎、鼻出血、鼻咽頭炎、気管支炎、咳嗽、鼻炎、副鼻腔炎、呼吸困難、発声障害。

19
NSAIDsの中でも最強クラスのボルタレンより少し弱いですが、よりは強い解熱・鎮痛作用があるといわれています。 2.授乳婦:授乳中の婦人に投与する場合には授乳を避けさせる[ヒト母乳中への移行が報告されている]。
錠 セレコキシブ

炎症を引き起こすプロスタグランジン PG という物質の生合成を抑制します。

16
[「重要な基本的注意」の項参照] 慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対する使用において、本剤の投与開始後2〜4週間を経過しても治療効果に改善が認められない場合は、他の治療法の選択について考慮すること。
錠 セレコキシブ

合併症を伴わない潰瘍の既往• 142 3 : 157, 2005• セレコックスは、アラキドン酸カスケードをブロックすることで炎症を抑え、その効果を発揮します。

15
即効性は少なくともセレコックスにはありません。
錠 セレコキシブ

。 , Pharmacogenetics, 13 8 , 473-480, 2003. (小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 6倍と高値を示した。

3
・アセトアミノフェンには抗炎症作用がない。 • 炎症による痛みやはれをやわらげるお薬です。
錠 セレコキシブ

9).間質性肺炎:間質性肺炎が現れることがあるので、咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音異常(捻髪音)等が認められた場合には、速やかに胸部X線、速やかに胸部CT、速やかに血清マーカー等の検査を実施し、間質性肺炎が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。

7).急性腎障害、間質性腎炎:急性腎障害、間質性腎炎等の重篤な腎障害の発現が報告されているので、定期的に腎機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合は投与を中止するなど、適切な処置を行う。 5.慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮する。
錠 セレコキシブ

上部消化管への安全性 2000年に発表されたCLASS試験は、COX-2選択性による消化管への安全性についての裏づけに引用された主要なエビデンスである。 さらに、調剤のたびに箱を開けたり〜って手間もなくなって業務効率化にもつながる。 6.フルコナゾール[本剤の血漿中濃度が上昇し本剤の作用が増強する恐れがあるので、フルコナゾール使用中の患者には本剤の投与を低用量から開始する(CYP2C9による本剤の代謝を阻害すると考えられている)]。

20
また、トリフルオロメチル基やジフルオロメチル基が、ピラゾール3位に導入された場合、フルオロメチル基やメチル基よりも優れた選択性と阻害力を発揮する(Compound 6、7、8、9を参照)。 以下にあてはまる方は、• 本剤の成分又はスルホンアミドに対し過敏症の既往歴のある患者 アスピリン喘息(非ステロイド性消炎・鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[重症喘息発作を誘発するおそれがある。