怖い話実話。 本当にあった北九州の「呪われた村」の怖い話が本当に恐ろしい! 馬の首、見てはいけない岩…実話怪談「血蟲の村」!

怖い話実話

そして同時に、毎晩のように金縛りにあうようになり、うっすらと女性のような人影が、後悔をまとったような、何とも言えない感じでわたしの部屋の隅に佇んでいるようでした。

19
スポンサードリンク この時携帯電話はまだ一般的ではなく、家に固定電話を繋いでいる家がほとんどでした。 ……ただ、もしかすると北九州の郷土史や祭事にお詳しい読者さんは、この場所が何処かピンときてしまうかもしれない。
怖い話実話

子供が自転車から落ちないように注意して、添えていた手を放し、再び前を向き直したその時、 女の子の姿が消えいました… (え!?) 驚いた私は、ユックリと遮断機が上がっていく中、線路を挟んだ向こう側の踏切に立つ人たちを一人一人注視したのですが、やっぱりあの女の子がいません… 踏切を渡り、左右を何度も確認しましたが、ちょっと私の挙動がおかしかったせいか、他の通行者から怪訝そうな目を向けられるだけで、女の子の姿は確認できません。 3人とも何も言わず黙り込んだ。 「うわぁ」 そこには女性の生首が転がっていました。

14
いやその理由が、うちに電話を掛けると女の人が出るからなんだって、でもうちに女の人なんかいないし、どうしたらいいかな。 そのあと巡回の看護師さんに発見され、ついてきてもらい子供を診察室に連れていくことができました。
怖い話実話

彼女が前の旦那さんと赤ちゃんがなかなかできなかったという噂を思い出して後悔していると 「ううん、違うの。 自家用車に神主がをあげるサマを想像すると、 シュールすぎて噴き出してしまう。 12歳まで生きたので、犬にしてはまあまあ長く生きた方だろう。

当然、怖いのでM子はすぐに警察へ連絡。 ある女性が3歳の娘と5歳の息子を連れてスーパーで買い物をしていた時のこと。
怖い話実話

「だからね、他の男性ならって思って今の旦那と一緒になったのよ。

9
そこで、おじさんも悪ノリして、「今からAの家に電話を掛けよう。
怖い話実話

「いやぁ全然見えないですねぇ。

1
」 と、ムッとしながらA子は言うのですが、私には全く身に覚えのない事でしたので、どう返したらいいのか、正直反応に困ってしまいました。
怖い話実話

部屋に戻り鏡台に正座した女性は、左手に釘、右手に石を手にします。 昨晩、私が「死にたい!死にたい!」と喚いていたのは、写真に写る死神のような、得体の知れない何かに魅入られてしまっていたのかもしれない、そんな風に感じたんです。 ずいぶん時間が経っているような。

その割に、ちょっと安いかも知れません。