デュエマ 青 緑 ジョーカー ズ。 アナカラーやドロマーってどんな意味?デッキに付く、○○カラーについて解説します

ズ ジョーカー 青 デュエマ 緑

次環境ではTier1へ格上げされる可能性も高いデッキ群。 また、奇襲という意味ではジョルネードは「相手ターンでのシールドトリガーでデジルムカデなどのcip封じを逃られる」のも利点として考えましょう。

20
パーリ騎士【4枚】• 《禁断機関 VV-8》の殿堂の穴を埋めていると言えるだろう。 非常に強力なデッキで一定の対応力も持ち合わせているため、今後の競技シーンでも見掛けるケースが増えるかもしれない。
ズ ジョーカー 青 デュエマ 緑

環境はもう少し変化しそうである。

合計11枚のジョーカーズが溜まったらジョジョジョ・マキシマムを唱えて決めに行きます。 ただし、2色のデッキを使用していて、3色のデッキを使用している場合は、次の問題が発生する可能性が非常に高くなります。
ズ ジョーカー 青 デュエマ 緑

色の名前忘れた時にでも見直してくれると嬉しいです。 自分も未だよく忘れるので見返せるようにという意味も込めての記事でした。

18
(37)• 110• 緑青黒 スゥルタイカラー、アナカラー、ヴォラシュカラー 左側は【タルキール】中央は【アポカリプスのボルバー】右側は【次元の混乱】 右側のは私もまったく知らなかった用語でしたw まとめ デッキ名は大きな大会等で結果を残したものが使われるので、何が正しいとかはありません。
ズ ジョーカー 青 デュエマ 緑

124• 217• S・トリガー系列は基本的に除去効果を持っているので、『手札に溜まって手札事故だった』というのも逆転の一手にしてくれる他、『ハンデスにも強い』という面も注目したいところでもあります。

17
177• 100• ・一方で【デイガドラグナー】にも進展があった。
ズ ジョーカー 青 デュエマ 緑

消王ケシカス コスト5のジョーカーズで、相手クリーチャーをが出た時の効果を使う際、このクリーチャーを破壊することでその効果を無効化します。 【青黒カリヤドネ】などの強力なデッキがその後を追う。 Tier3とは「弱点が多い、デッキパワーが低いなどの理由で使用者は少ないものの、特定のメタゲームでは活躍することができるデッキ」です。

規約に基づいて掲載させていただいていますが、もし掲載を取り消したい場合等あればコメントよりよろしくお願いいたします。 ジョット・ガン・ジョラゴンJoeで1コストTブレイカーの高打点追加と盤面除去• (23)• 洗脳センノー【4枚】• 「実際にマナも使えるんだし、色々とマナの使い道も考えていきたいわね。
ズ ジョーカー 青 デュエマ 緑

呪文ロックに対しても 《卍 新世壊 卍》の効果で対抗できるなど、現在の環境において唯一活躍の目がある呪文コンボデッキです。 クリーチャー1体を選択し自分のバトルゾーンにいるクリーチャーの数だけブレイク数を追加と、そのクリーチャーが攻撃中の呪文を封じることが出来ます。 もこの色で組まれることがある。

5
ジョリー・ザ・ジョルネード デッキはカウンターが出来る面白いデッキになりそうです。
ズ ジョーカー 青 デュエマ 緑

20年間TCGに触れたユーザーが紹介する 今回の環境デッキカテゴリーは青ジョーカーズ。 攻めに対して前のめりなデッキが多く、相手に時間を稼がれると不利な展開になることが多い。 期において系統の最大多数であったが、期になると自然のジョーカーズ単体ではくらいでしか相手に干渉できないことから勢いが衰え、旧来の緑をタッチしたが多数派になった。

11
293• (13)• 522• 複数のオブジェクトが並んでいるとエフェクトが複製されますので、ヘリコプターやニヤリと拡大した手を伸ばしていきます。
ズ ジョーカー 青 デュエマ 緑

ゼッキョーすらい太 このデッキでの受け札。

・【青白ギャラクシールド】はやや立ち位置を悪くした。 めちゃくちゃ簡単じゃないか!! あるいは3ターン目に出すのを《ガチャダマン》にすれば、GRで出なければならないラインがコスト5ではなく4となるから、 《ゴッド・ガヨンダム》 《鋼ド級 ダテンクウェールB》 《Mt. あとはデュエマのカードらしく【アクアンカラー】なんて言ったりもしますね。
ズ ジョーカー 青 デュエマ 緑

特にゲイルヴェスパーやジョーカーズ相手なら低コストのクリーチャーをまとめ飛ばせる場面も多くあります。 (112)• 【青黒カリヤドネ】や【青白ナウオアループ】といったループ系に強く、また【シータバーンメア】などの動きも大きく抑制できることが出来る強力な1枚となっている。 JornadデッキのJollyにとって、敵の攻撃からJornadを狙うことも基本的なコンセプトです。

8
で盤面を補強した後ででを仕掛け、とで詰める型が成立した()。