エアー ドロップ 送れ ない。 iPhone、Airdropできない時の原因&対処法

ドロップ 送れ ない エアー

そう! 最初にとりあげた iPhoneのAirDropを使いたいのにどこでONにしたら良いか確認する方法 という頭を抱え込む原因をここで解いてみせます! 実は…先ほど紹介したコントロールセンターの「インターネット共有」と同じ場所に「AirDrop」があるのです! ここが青色であれば、AirDropが『ON』という事になります。

7
それは… AirDrop は使わない時こそ、設定に注意しましょう! 何故なら 『AirDrop痴漢』という言葉をご存知ですか? 例えば電車内、または人の多い街中で…突然見知らぬ人から不愉快な画像を自分のiPhoneに送りつけられる行為のことです。 AirDropを利用する際は、Bluetooth・Wi-Fiをオンにする• NVRAMというのはMacに記録されている音量やマウス設定などの記憶領域のことで、AirDrop関連の情報もどうやらここに蓄えられているようです。
ドロップ 送れ ない エアー

しかし、距離が遠くなるにつれて、BluetoothとWiFiの接続環境が不安定になりますので、データ転送に要する時間が長くかかったり、うまく送受信できないこともあります。

11
端末同士の距離を確認する AirDropで送受信する端末の距離を確認してみましょう。
ドロップ 送れ ない エアー

「すべての人」に設定完了 AirDropを使ってみよう AirDropで使う双方の端末の設定が完了したら、実際にファイルの共有を行ってみましょう。

受け取り側の設定を「すべての人」に変更する AirDropを用いてデータを送信する時に、受信者側のアイコンが表示されずに送れない、ということがよくあります。
ドロップ 送れ ない エアー

2箇所目は、コントロールセンターから確認できます。

1
電源を切るには、iPhone Xは、電源ボタンといずれかの音量ボタン - を同時に押し続けます。
ドロップ 送れ ない エアー

それでも必ず一発で繋がるわけではなく、たまに認識されないこともあるんですね。

12
【iOS13】AirDrop痴漢対策済み iOS13ではこのAirDrop痴漢の対策として、受け入れ画面でプレビューの表示がされなくなりました。
ドロップ 送れ ない エアー

あるいは、よくこういうことが起きますか? こういう状態になっても慌てないでください! 原因は初歩的なところにあります。 もしも受信が上手く出来ない場合はデータの空き領域を増やして再トライしましょう。 ですが 色々トライアンドエラーしているうちに、 初歩的なことが原因であることが分かりました。

5
顔と名前がバレてしまう危険性を考えると、AirDropの設定を「連絡先のみ」または「受信しない」に設定しておくことはもちろん、AirDrop利用時に表示される名前を変更まで設定しておくことをオススメします。
ドロップ 送れ ない エアー

位置情報• コントロールセンターにある飛行機マークをタップして 機内モードを解除しましょう。 原因と解決について結論から先にお伝えします。 Wi-Fiは「ON」にする必要がありますが、Wi-Fiスポットに接続してなければいけないということではないので、ご安心を。

4
名前の変更方法は、「設定」>「一般」>「情報」と進み、デバイスに設定されている「名前」をタップ。 実際はそうではありません。