インク ライン ベンチ プレス。 【胸の筋トレ】インクラインベンチプレスの正しいやり方と注意点!

プレス ベンチ インク ライン

インクラインベンチプレスについて抑えておきたいことまとめ• 腕を太くしたいという方は、ぜひ上腕三頭筋を鍛えてください。 ダンベルはまっすぐ動かす ダンベルを使った大胸筋のトレーニングをもっと知りたい方は「」で紹介しているので参考にしてください。 実際先日インクラインダンベルベンチプレスしかしてないって言ってる人が結構良い大胸筋をしていたので、真に受けてそれから頑張ってやるようにしています(笑) 色々な刺激を与える事で筋肉はより一層成長していくので、ベンチプレスもワンパターンにしないで、バーベルにしたりダンベルにしたり、インクラインにしたりするという変化が必要になります。

15
(鎖骨より若干下くらい) あまり上過ぎたり下過ぎたりするとやりにくいですし、効果も薄いです。 胸とシャフトのすき間は玉子1個分くらいの間隔を空けて、上に持ち上げていきます。
プレス ベンチ インク ライン

下してもまったく問題ないという人は良いですが、基本的にはベンチプレスより手幅は狭くて良いです。 意外と脚でふんばってやると、しっかりと固定されます。

14
インクラインベンチプレスとは? インクラインベンチプレスは、頭側が高くなるように傾斜をつけたベンチ台の上でベンチプレスを行うトレーニングです! 通常のベンチプレスで100キロを挙げられるような人でも、インクラインベンチプレスだと70キロほどしか挙げられないということもザラにあり、通常のベンチプレスに比べて高重量を扱いづらい種目と言えます。 インクラインベンチとダンベルがあれば取り組めるので、ほとんどのジムで行うことが可能です。
プレス ベンチ インク ライン

足は床をしっかり踏み込みます。 特に大胸筋上部は目立ちやすいため、トレーニングの成果を実感しやすいことでしょう。

インクラインベンチは背もたれ側だけでなく、座席側にも角度をつけることができるようになっています。 大胸筋下部 大胸筋は胸に位置する大きな筋肉。
プレス ベンチ インク ライン

ぐらいで問題はないです。 インクラインベンチがあれば筋トレのバリエーションが増えますよ。 肩へのストレスも高くなりケガに繋がるリスクが高まるので、下ろす際は真横ではなく若干脇を締めるように動作を行うとよいでしょう。

15
自重トレーニングのみの場合であっても、耐荷重量は最低150kg以上のものを選ぶようにしましょう。
プレス ベンチ インク ライン

ダンベルを下ろす時も胸を張っている意識で、重力に逆らうようにゆっくり下ろします。 耐荷重量とは、その製品がどれだけの荷重に耐えられるかを示すもの。 合わせて読みたい やっぱりベンチが家にあるだけで全然違いますよ。

また、負荷が逃げるということは、胸筋に入る負荷が減ってしまうということでもあります。 スミスマシンがない場合でマシンがあれば、マシンでも問題ありません。
プレス ベンチ インク ライン

折りたたみ式のもの選ぶ インクラインベンチの中には、「フォールディングインクラインベンチ」と呼ばれる折り畳みが可能なタイプがあります。 一番下まで降ろしたら、 気持ち少しだけ一時停止を入れるようにしましょう。

11
幸いにもバーベルの左側が地面に落下していたこと、そして右手で押す余力が残っていたことから、ブッリジをすることですんなりと抜け出すことができました。 インクラインダンベルプレスのポイントは4つあります。
プレス ベンチ インク ライン

これ以上角度を大きくすると肩の筋肉を鍛えてしまうことになるため、効率的ではありません。 インクラインベンチを使うことで、をメインに鍛えることができるメニューに変化します。 そしてバーベルのように手首へ負担がかかりません。

8
まずはをご覧ください。
プレス ベンチ インク ライン

やはり、フラットベンチとインクラインベンチを置くと、どうしても場所を取ります。

1
普段のベンチプレスよりも身体の斜め下方向に出力するので、大胸筋下部に負荷が加わります。 自分にあった角度で要調整• デクラインベンチプレスで鍛えられる筋肉 先述したようにデクラインベンチプレスでは、 通常のベンチプレスと違う刺激を大胸筋に加えることができます。