モンステラ。 【モンステラの品種】一般的な種類や切れ込みの入らない珍しい種類

モンステラ

耐陰性が強く、丈夫な植物なので、日陰など暗い場所でもかんたんに枯れることはありませんが、程よい光を当てることで形が歪むことなく力強く育ちます。 主に葉の裏などに住み着きます。 夏場は強い日差しが葉に当たらないよう注意が必要です。

13
濃い緑色の葉と深い切れ込みからは「深い関係」という花言葉が付けられており、どれもポジティブで前向きな意味合いの言葉ばかりです。 モンステラの地植え モンステラは温暖な地域であれば、 屋外の地植えも不可能ではないかもしれません。
モンステラ

植え替えは7月から9月など生育が旺盛な時期に行えば、植え替え中に根に傷をつけてしまった場合でもすぐに回復してくれるので安心です。 皮膚についた場合は炎症やかぶれを引き起こす場合があるため、作業の際は手袋を使うなど気をつける必要があります。

1
土の表面が乾燥してきたら水をあげる目安です。
モンステラ

植物が生き残る上で獲得した、とてもよくできた仕組みだったという訳です。 モンステラの鉢植え モンステラは一般的に 鉢植え 土植え で育てられ、室内で管理されます。

17
室内で管理する場合、葉の表面に埃が積もってしまい、うまく光を吸収できなくなることがあるので、定期的に濡れたティッシュなどで拭いてあげましょう。 通常、デリシオーサの切れ込みのある葉は、ある程度生長していないと出てきませんが、コンパクタの場合は 比較的小さい苗の段階でも切れ込みや穴があきます。
モンステラ

気根が発達している。 — 2017年 4月月3日午後4時36分PDT デリシオーサを小さく改良した品種が、デリシオーサ・コンパクタです。 css "z-index","3" ;footerButtons. 長い間植替えをしていないと、根が鉢の中でギチギチに詰まり、ひどい場合は 鉢が割れてしまうこともありますので注意しましょう。

19
デリシオーサと言っても、生産過程や生産年数によって、葉の厚みや草姿はかなり違います。 暑さ、寒さ、乾燥にある程度の耐性があるため、初心者の方でも枯らしにくい植物といえます。
モンステラ

1~2年に1回くらいしか入荷してきません。 最も適しているのは、6月〜7月です。 しかしながら、ただ闇雲に与えるのは好ましくありません。

9
なので、しっかりと手袋をして作業するようにしましょう。
モンステラ

姫モンステラ 植物業界では、あまり大きくならない品種に対し「姫」と名付けることが多いです。 モンステラの地植えは難易度が非常の高い植え方といえるでしょう。 ただ、完全に安定させるのは難しいようで、 いつまでもハーフムーンの葉が出続けるという保証はありません。

11
病気や害虫には比較的強いモンステラですが、生育に影響が出ることもあるのでしっかりと対策してあげましょう。
モンステラ

ハート型の葉の中央に向かって、切れ込みが斜めに伸びるように広がっており、時にはぽっかりと穴が空いている状態を観察することができます。 植替えの頻度は成長に合わせて行う必要がありますが、 最低でも2年に一度は植替えを行い、不要な根を整理して一回り大きな鉢に植え替えるのが良いでしょう。

15
強い直射日光には弱く、特に夏場は葉焼けを起こさないように注意する必要があります。 また、日差しの当たり具合で片面だけ伸びてバランスが悪い場合や葉が一部に密集して生えた場合も切り戻しをすることで自分好みのサイズやバランス間にできます。
モンステラ

窓辺の明るい場所、かつ、少し大きめの鉢で管理し、 生育期には水と肥料を切らさないようにしましょう。 モンステラの毒って? モンステラの毒=「シュウ酸ナトリウム」 シュウ酸ナトリウムという劇物(げきぶつ)が、モンステラには含まれています。

9
モンステラの性質・育成のコツ 一般的なモンステラ デリシオーサやアダンソニー は、簡単に育てられるという手軽さも人気の理由の一つです。 つまり、葉に切れ込みや穴がないモンステラの正体は、まだ穴が空き始める前の段階だったという訳です。